バスカビル家の狗1/糸宮むぎ

バスカビル家の狗 1 (オーバーラップノベルス)
バスカビル家の狗 1 (オーバーラップノベルス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年4月刊。
ニートな侯爵家次男坊が、王女の近衛騎士となることから始まる主従ファンタジー。
低い自己評価と周囲の高評価の乖離が激しすぎる主人公。
そんな彼の、マニュアルを手放せないコミュ障っぷりと周囲のズレを楽しむ作品だと思います。これだけのハイスペックで何故そんなに自分に自信がないんだ・・・?と戦慄すること間違いなしです。
小動物みたいに可愛い王女と、少しずつ騎士としての自覚を芽生えさせていく主人公の関係も最高に好みでした。
惜しむらくは世界観・設定の微妙な緩さなのだけど、うーん、これは後で何かフォローがあるのかな・・・?

☆あらすじ☆
――我が身命を貴女へ賭す
父は王国宰相、母は前国王妹、兄は宮廷魔術師。
名門フォーマルハウト侯爵家は、代々バスカビル王家に仕えてきた一族である。
次男であるワイスもまた、史上最年少で最難関の特務級魔術師試験を突破し、学院時代は常に主席で生徒会長も務めた俊英。
誰しもから将来を有望視されていたワイスはしかし、王立学院を卒業後、就職先が見つからず――ニートとなった。
日々をぼんやりと過ごしていたワイスだったが、『親の七光り』で半ば強制的に庶民出自の第二王女・アメリアの近衛騎士を務めることに。
自己評価が低いワイスは、家族から授かった『会話応答集』を手にアメリアと対面を果たすが――
「本日よりアメリア様の近衛を務めさせて頂きます、ワイス・フォン・フォーマルハウトです」
なぜかアメリアは顔を赤く染めるばかりで……?
自分の顔が怖いからだと勘違いするワイスの前途多難な先行き。
――果たしてワイスは首にならずに職務を全うすることができるのか……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む バスカビル家の狗1/糸宮むぎ