額を紡ぐひと/谷瑞恵

額を紡ぐひと
額を紡ぐひと

評価:★★★★★
2018年2月刊。
「伯爵と妖精」「異人館画廊」の谷瑞恵さんによる、オーダーメイドの額縁を手がける額装師の物語。
婚約者を失ったヒロインが、額装という仕事を通して過去に向き合っていくというストーリーです。
額縁というと絵を飾る枠のイメージしかなかったのだけど、本作で描かれる「額装」は自由な発想と優しい願いによって紡がれる救済の形。
他者のために、祈りを込めて様々な額装を施していく主人公の仕事ぶりはとても厳かで美しいものでした。
彼女に仕事を依頼するのは心に傷を抱えた人々であり、主人公自身も癒えない傷を抱えている。
そんな彼らの喪失と再生がとても優しく切なく語られていく作品だと思います。
谷瑞恵さんの語り口、本当に好きすぎてしんどくなる・・・・・・

☆あらすじ☆
彼女は額装師。手放せない想いに、ふさわしい居場所をつくるひと。『思い出のとき修理します』著者最新刊。事故で婚約者を喪った額装師・奥野夏樹。彼女の元には一見額装不可能で、いわくありげな依頼ばかりやってくる。ヤドリギの枝、小鳥の声、毛糸玉にカレーポット――。依頼人の心に寄り添い、時にその秘密を暴いてしまう夏樹。表具額縁店の次男坊・久遠純は、夏樹の作品の持つ独特な雰囲気に惹かれ、彼女自身にも興味を持つが。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 額を紡ぐひと/谷瑞恵