楽観戀情値千金 守銭奴王子と夢見る転生娘/我鳥彩子


楽観戀情値千金 守銭奴王子と夢見る転生娘 (コバルト文庫)
楽観戀情値千金 守銭奴王子と夢見る転生娘 (コバルト文庫)

評価:★★★☆☆
2018年4月刊。
前世の記憶があり楽観主義を強制された少女と、営業スマイル全開で腹黒な守銭奴王子の出会いから始まる中華ファンタジー。
楽観的かつ行き当たりばったりなノリで進みつつ、裏に隠された事情は意外とホンワカしていなかったりする本作。
とはいえ、我鳥さんらしいハイテンション&ハイテンポなラブコメだったと思います。
個人的には王子のキャラが好みだったかな〜。最後まで徹底した守銭奴で面白かったです。
ちなみに前世持ちヒロインではあるけれど異世界転生モノではありません。
あと「天都宮帝室の然々な事情」シリーズと繋がりのある世界観らしいのだけど、そちらは未読なんですよね。
特に問題なかったので、この作品から読んでも大丈夫だと思います。

☆あらすじ☆
三人の姉と王位継承権を争う王子・果潤は、自他共に認める筋金入りの守銭奴だ。半面、自分の益になりそうな人物には支援を惜しまないとも評判だった。そんな果潤のもとを、楽花という商家の娘が訪れる。楽花が言うには、彼女は「楽観国」という亡国の王女の生まれ変わりらしい。かつての王国を取り戻せば大金も手に入るからと、王国再興のために力を貸してほしいと頼まれた果潤だけれど…?

以下、ネタバレありの感想です。

 

楽観国の王女だった前世の夢を見る少女・楽花
両親が商売に失敗して借金を抱えてしまった楽花は、とある人物の思惑もあり、借金を返済するため素敵国の王子・果潤に協力を求めるのです。

 

曰く「私は亡き楽観国の王女の生まれ変わりであり、夢で王女に楽観龍脈の湧き出る地を探して楽観国を再興してほしいと頼まれた。楽観龍脈が見つかったらお宝ザクザクだから、ぜひ投資してほしい」

 

・・・・・・胡散臭いってレベルじゃない・・・!!

 

いくら占いで楽花の存在が儲けになりそうだからって、この話を聞いて追い返さなかった果潤はとても優しい人だと思うんです。
私だったら「寝言は寝て言え」ってお引取りを願っていたに違いない。
いやまぁ、果潤も途中まで追い返す気満々だったわけだけど。

しかも楽花のキャラクターがまた信用度を著しく下げるんですよね。
嘘をついているように見えるわけじゃないんだけど、ここまで楽観主義な子を信じろというのは・・・・・・

 

ただ、この楽花の楽観主義が見た目通りのものではないことや、前世の恋物語の真実が明らかになってくると、物語は意外にもシリアスな空気を滲ませ始めるのです。
悲観的になったり思い悩んだりすると30秒で雷が落ちるという楽花の体質。
その体質ゆえに深く悩むことができず、それが良いときもあれば辛いときもあるわけで。
途中で果潤も気づいたように、彼女の人生ってハードモードだと思うんですよね。
悩めないから突き進むしかなくて、その失敗は全部自分で背負わなければいけない。そして、そのことについて迷うこともできない。
クヨクヨ悩まず突き進む性格といえば聞こえがいいけれど、無謀を強制される楽花は不憫としか思えません。
楽観的なムードをゴリ押す割に、楽観主義だから万事OK!という物語ではないギャップがこの作品の面白いところでした。

 

あとキャラクターも良かった。
特に守銭奴腹黒王子の果潤。
業突く張りな性格を最後まで貫いた上での「無銭宿泊が過ぎる」発言には笑いました〜w まさかの宿泊費請求ww
守銭奴なだけでなく反骨精神たくましいところも素敵だったし、ブレないキャラクターがとても楽しいヒーローでした。
まぁラストの楽花に対するアレはキャラ変といえるのかな・・・?
いやでも惚気すら何かを企んでいるように聞こえるあたり、やっぱりブレない人だと思うんですよね(自分の言動が相手にどう取られるか計算していそうだし)

 

意外なシリアス展開を交えつつ(前世のバッドエンドっぷりに戦慄)、綺麗にハピエンに着地。
軽く楽しめるラブコメでした。
綺麗国の方の話も読んでみようと思います。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。