オミサワさんは次元がちがう/桐山なると

オミサワさんは次元がちがう (ファミ通文庫)
オミサワさんは次元がちがう (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年3月刊。
面白かったー! そして超ニヤニヤするお話でした。
芸術学部のお姫様でコミュ障と言われる小海澤さんと、彼女の絵を見るためにわざわざ芸術学部に通う今城くん。
さりげなく(?)小海澤さんと距離を縮めていく今城くんは、ある時、彼女の抱える秘密を知ることになるのです。
不思議要素ありシリアスありの物語なのだけど、とにかく小海澤さんが可愛くて仕方ない作品でした。
これって結局ラブコメですよね?
ラストとか「なるほど!そりゃそうなるわ!」って爆笑しながらキュンキュンしましたし。
いやでもこれは本当に恥ずかしいな〜〜〜w

☆あらすじ☆
天才のオミサワさんは、三つほど次元が違う人だった――。
雪斗には気になる人がいた。芸術学科の小海澤有紗。無表情、無感情で人と関わろうとせず、奇行も多いが、落書きすら数百万の価値がある百年に一度の天才。そんな彼女となんとか友達になった雪斗だったが――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む オミサワさんは次元がちがう/桐山なると