異世界迷宮の最深部を目指そう10/割内タリサ

異世界迷宮の最深部を目指そう 10 (オーバーラップ文庫)
異世界迷宮の最深部を目指そう 10 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年3月刊。
迷宮生活編完結。
今回は五十守護者「風の理を盗むもの」ティティーの物語でした。
これがもう悲惨で切なくて苦しくて・・・・・・最後まで読むとティティーが好きすぎてたまらない気持ちになる・・・!

☆あらすじ☆
――可測する前日譚(トータル・リコール)
地上への帰還を目指すカナミに立ちはだかる『風の理を盗むもの』ティティー。
呼応するかのように千年前へ変貌するヴィアイシアの街。愛憎に満ちあふれるノスフィーはカナミを『未来(ちじょう)』へ逃がしはしない……。
全ての罪過を償うと誓ったカナミは、『詠唱』の『代償』を糧に未来(かのうせい)の先譚を紐解いていく。
――それは、千年と百十一年に及ぶ前日譚。
見栄っ張りの魔人混じりが起こした、他愛もない『ごっこ遊び』。
「なんで……?」「なんで、こんなところまで……!?」
虚ろに満ちる『第五十の試練』の果てで、いま童の原風景が想起する。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界迷宮の最深部を目指そう10/割内タリサ