覇剣の皇姫アルティーナ 13/むらさきゆきや

覇剣の皇姫アルティーナ XIII (ファミ通文庫)
覇剣の皇姫アルティーナ XIII (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年2月刊。
皇帝を目指す姫と、読書狂の軍師の戦いを描くファンタジー戦記第13弾。
なんだか久々にアルティーナとレジスが同じ戦場で戦ったような・・・?
しばらく物足りなさが気になっていたのですが、今回はとても面白かったです。
そしてなによりアルティーナの成長が頼もしい!

☆あらすじ☆
アルティーナは帝国元帥に任命され、南方戦線へと派兵される。その道中、旧知である貴族ティラソラヴェルデ家のエレアノールが部隊を訪ねてきた。彼女は、新皇帝から過大な要求を受けて頼ってきたのだ。レジスは救いの妙案を出しつつ、南方戦線の早期決着を約束する。しかし、アルティーナたちが合流した第六軍・第八軍の兵は戦意が低く、レジスは今までとは違う苦労を背負うことに……!?
覇剣の皇姫と読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー第十三弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 覇剣の皇姫アルティーナ 13/むらさきゆきや