マグナ・キヴィタス 人形博士と機械少年/辻村七子

マグナ・キヴィタス 人形博士と機械少年 (集英社オレンジ文庫)
マグナ・キヴィタス 人形博士と機械少年 (集英社オレンジ文庫)

評価:★★★★★
2018年2月刊。
デビュー作「螺旋時空のラビリンス」に一目惚れして以来、ずっと待ち望んでいた辻村七子先生の最新SF小説!
最っっっ高に面白かったです・・・!
読み終わった瞬間の昂ぶりを上手く表現できる自信がありません。情動領域からの言語出力はなんて難しいのでしょうか。

ワケありの野良アンドロイドと、ワケありの天才エンジニア。
立場の違いゆえに何度も衝突を繰り返す二人の共同生活を通して、自分が自分であるために必要なことはなんだろう?と考えさせられました。
丁寧に造られたSF的世界観を軽妙な筆致で描きあげているところも流石。読みやすさ抜群です。辻村作品への安心と信頼が高まる!

色々書いてるけれど、要するに人形博士と機械少年の関係がエモい!ってことを伝えたいだけなので、どうぞよろしくお願いします。

☆あらすじ☆
ノースポール合衆国自治州『キヴィタス』は、1億6千万の人口を収容する人工都市だ。アンドロイド管理局に勤める若きエリート、エルガー・オルトンは、帰り道で登録情報のない“野良アンドロイド”の少年を拾う。ワンと名乗った少年型アンドロイドとエルは不思議な共同生活を始めるが、ワンは記憶を失っていた。彼の過去を探るうち、エルは都市の闇に触れてしまい?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む マグナ・キヴィタス 人形博士と機械少年/辻村七子