月とライカと吸血姫3/牧野圭祐

月とライカと吸血姫3 (ガガガ文庫)
月とライカと吸血姫3 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年2月刊。
宇宙開発競争の最前線を舞台にした、人間と吸血鬼のボーイ・ミーツ・ガールから始まる青春物語第3弾。
1、2巻では敵国として描かれてきた連合王国に舞台を移し、新たな場所、新たな登場人物をメインにしたストーリーとなっています。
史実をモデルとしているからこその奥行きのある読み応えは変わらず。人種差別問題の過酷さは前巻以上に強く感じました。
その逆境の中で生まれゆく主人公とヒロインの絆は尊く、今回もとても面白かったです。

☆あらすじ☆
宙と青春の物語、連合王国編始動!
――これは人類史に残る偉大なる一歩。連合王国に、その礎を築いた若き二人がいた。
人類史上初をかけた有人宇宙飛行計画で、共和国に惨敗した連合王国。劣勢に立たされた王国議会は、途方もない計画を宣言する。
「我々は、人類を月面へ送り込み、帰還させることを約束する!」
王国南部の宇宙開発都市<ライカ・クレセント>の研究所では、同時にとあるプロジェクトが進んでいた。アーナック・ワン――それは『民族融和と科学技術大国推進』を打ち出し、汚名を払拭するための広報プロジェクトだった。
新人技術者のバート・ファイフィールドは、連合王国初の宇宙飛行士アーロンの弟であることを理由に、その人間代表に選ばれてしまう。そして、吸血鬼の末裔である新血種族代表は、アーロンの飛行を成功に導いた才媛カイエ・スカーレット。
研究所での仕事と、宣伝活動の二足の草鞋。不慣れな日々の中、バートはカイエの秘めたる想いを知っていく。
「――私は月なんて、大嫌い」
華々しい宇宙飛行の裏側には、語られることのない数多の人々の情熱が確かに存在した。宇宙を夢見る技術者の青年と新血種族の才媛が紡ぐ、宙と青春の物語がここに!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 月とライカと吸血姫3/牧野圭祐