一華後宮料理帖 第六品/三川みり

一華後宮料理帖 第六品 (角川ビーンズ文庫)
一華後宮料理帖 第六品 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2018年2月刊。
うーん、うーん?
なんだか良くわからない事態になってきました。
正ヒーロー(だよね?)がすごい勢いで好感度下げていってるような??この先に一発逆転の目はあるのでしょうか。
相変わらず理美よりも朱西よりも祥飛の成長が著しく、少年皇帝成長物語としては抜群に面白いです。
ただ、これ、三角関係的にはどうするんだろう・・・・・・

☆あらすじ☆
おいしさとせつなさ絶好調! 大人気の「食」を巡る中華後宮記・第6弾!!
朱西が皇帝・ショウ飛の側を離れ、敵対する鳳家当主となった。そのため立后式は延期。理美は己にできることをしようと、食学を引き継ぐと決める。だが突然、地方県吏が一斉に徴税を拒み、宮廷は激震! 反逆罪で捕らえられそうになる県吏を庇ったのは朱西だった。ショウ飛と真っ向から対立する姿に、戸惑う理美。「食」と向き合い、本当に守るべきもののため理美が選ぶ道とは……!?  「俺はあなたの敵です」真の決別が近づく第6弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 一華後宮料理帖 第六品/三川みり