イレーナ、失われた力/マリア・V・スナイダー

イレーナ、失われた力 (ハーパーBOOKS)
イレーナ、失われた力 (ハーパーBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前作の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年1月刊。
元死刑囚の少女が生きるために戦い抜くサバイバル・ファンタジーシリーズの最新作。
前3部作のラストから8年後を舞台にした新章、ついに開幕です。本当に心待ちにしていました・・・!
期待を裏切らずとても面白いし(なんとヴァレクの過去編が!)、この続きが気になる新章第1巻。
ラストは「ふぁ〜〜〜〜!!!」って叫んでしまいました。
ここからどんな展開をみせてくれるのか楽しみです。

☆あらすじ☆
新章開幕!死刑囚の日々から8年――いま、新たなる試煉が始まる。
国の最高司令官の毒見役となって、死刑を免れた日から8年――いまでは敵対国との間を繋ぐ連絡官を務めるイレーナだが、ある夜事件は起きた。何者かに毒矢で射られ、いっさいの魔力を失ったのだ。絶体絶命の窮地に陥ったイレーナ。頼みの綱のヴァレクもまた、長年固い絆で結ばれていた最高司令官との関係に、いま暗雲がたちこめ……。新たな敵、試される信頼と裏切り。〈霊魂の探しびと篇〉開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む イレーナ、失われた力/マリア・V・スナイダー