恋する王子と受難の姫君(恋する王子シリーズ)全8巻/小椋春歌

恋する王子と受難の姫君 1 (ビーズログ文庫)
恋する王子と受難の姫君 1 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2011年6月刊 〜 2013年7月刊。
久しぶりに再読したら面白すぎて全8巻を一気読みしていました。やっぱり大好き!めっちゃ笑った!

この物語の主役である「恋する王子」アレクはストーカーです。変態です。完全にアウトな男です。
執念深く、自制心は勉強中。気をつけないとすぐに恋心が暴走してしまいます。
この作品は、そんなアレクが最愛の初恋相手モニカめがけて猪突猛進を繰り返し、積み重ねた失敗を乗り越えて成長していくハイテンション・ラブコメ・ファンタジーです。

コメディとして笑えるけれど、設定は意外とシリアス。
そしてかなり人を選ぶタイプの物語です。なにしろ「ストーカーと被害者」の恋のお話なので。
二人の恋が抱える問題は数巻かけて丁寧に掘り下げていくけれど、この手の話を生理的に受け付けない人もいるでしょう。特に1巻がね・・・・・・

ただ、2巻以降で始まる過去の精算こそがこのシリーズの面白さだと私は思っています。
恋に浮かれ、恋に突き落とされ、一喜一憂の振れ幅が半端ない変態アレク。
彼の想いは笑えないほど業が深いのだけど、それでも笑えてしまう中毒性を秘めています。
まぁ、この作品は肩の力を抜いて読むのが一番です。深く考えすぎてはいけない。これはコメディだ!

☆あらすじ☆
この王子、変態ストーカー!? あべこべファンタジックラブストーリー開幕!!
若き兵士・ミラは、とにかく悩んでいた。なぜなら、お忍びで訪問していた大国の王子・アレクシスに、異常に気に入られてしまったから! 始めは気づかないフリをしていたものの、王子の行動はエスカレート!! 「一緒にお風呂に入りましょう」ってマジ!? さらにはミラさえも知らなかった過去の秘密まで暴き出し……!?

以下、全巻を通しての感想です。
若干、未読者向けのプレゼンを意識していますが、特に1巻の内容については踏み込んだネタバレがあります。ご注意ください。

続きを読む 恋する王子と受難の姫君(恋する王子シリーズ)全8巻/小椋春歌

灰と幻想のグリムガル12 それはある島と竜を巡る伝説の始まり/十文字青

灰と幻想のグリムガル level.12 それはある島と竜を巡る伝説の始まり (オーバーラップ文庫)
灰と幻想のグリムガル level.12 それはある島と竜を巡る伝説の始まり (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年3月刊。
前巻の不安を煽る緊迫感はどこへやら、今回は明るい雰囲気の王道冒険譚となっていました。
そしてついにクロスオーバーきちゃった・・・!
あとラブが・・・! ラブの気配が・・・!
そしてラストなんてこと・・・!(感情処理が追いつかない)

☆あらすじ☆
遙かなるオルタナ――次なる来訪地は海賊の楽園!?
オルタナに戻るべく、ハルヒロたちは山だらけの敵地を突き進んで海を目指す。冒険に次ぐ冒険の末、ようやく辿りついた海辺には一隻の船が乗り上げていた。様子を窺うハルヒロたちの前に、なんと付け髭をつけた少女が現れる!
「あたしはモモヒナ! であーる! 名を名乗れーっ!」
謎の海賊(?)モモヒナとの出逢いに導かれ、大昔から竜が住まうというエメラルド諸島へと向かうハルヒロたち。到着した一行を待ち受けていたのは、その竜に襲われて大混乱に陥っている海賊の楽園だった――!?
灰の中から生まれた冒険譚が、舞台を海に移し新たな物語を紡ぐ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰と幻想のグリムガル12 それはある島と竜を巡る伝説の始まり/十文字青

ライトノベル(少女小説)と私とラノベブログのはなし

ラノベサイト昔語り(WINDBIRD)
ラノベサイト今語り(本達は荒野に眠る)

私自身は歴史や変遷を語れるほど全容を把握していないので、mizunotoriさんと夏鎖さんによるラノベサイト(ラノベブログ)の今昔語りを楽しく拝読した(私にも言及されていて恐縮の極み・・・!)
ただ、私も「ラノベブログ」に対してはそれなりに思い入れがあったりする。
ラノベサイト史とは関係なく「私にとってのラノベブログ」という話なのだけど。

色々書いていたら結局自分語りになってしまったので、開き直って流行遅れのラノベ個人史の体裁をとり、私も「ラノベブログ」について語ろうと思う。

ライトノベル個人史まとめ(togetter)

なんだか無性に恥ずかしくなってきたけれど、自分だけのラノベ史を振り返るのは楽しかった。ちなみに私の思春期はゼロ年代ですよろしく。

少し長い話になります。最後までお付き合い頂けると嬉しいです。

続きを読む ライトノベル(少女小説)と私とラノベブログのはなし

ゴブリンスレイヤー7/蝸牛くも

ゴブリンスレイヤー7 (GA文庫)
ゴブリンスレイヤー7 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年3月刊。
アニメ化決定おめでとうございます!
でも、このエグくてグロいダークファンタジーがどこまで黒塗りなしに放送できるのでしょうか。
私は耐える自信がないので見れない気がします・・・・・・文字で読むのと動画で見るのとじゃ全然違うからね(ビビリ)

☆あらすじ☆
TVアニメ化決定!
「結婚することになったみたい」
故郷からの報せを受け、そう呟いた妖精弓手。かくして一党は、森人の里に行くこととなった。またその旅には牛飼娘と受付嬢の姿も――。一方、ゴブリン退治のおりに発見された石版をゴブリンスレイヤーから託され、剣の乙女は鑑定を行う。
「古い……とても古い文字ですわね」
川を上り、森人の里を目指す一党だが、現るは小鬼の影……。
「鏖殺でなく脱出で宜しいか?」「宜しいわけがあるものか!」
さらに森人の里には、密林の奥に潜むと言われている、古きものが現れるという事件が起きていた――。
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第7弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゴブリンスレイヤー7/蝸牛くも

令嬢エリザベスの華麗なる身代わり生活2/江本マシメサ

令嬢エリザベスの華麗なる身代わり生活 2 (ビーズログ文庫)
令嬢エリザベスの華麗なる身代わり生活 2 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年3月刊。
失踪した公爵令嬢の身代わりとなった貴族令嬢の奮闘を描く物語第2弾。
表紙の雰囲気は前巻に続き三角関係モノのようですが、内容的にはシルヴェスター√に入ってるような??
そのシルヴェスター氏は色々と動きが面白くて楽しくなってまいりましたw
彼は毎回跪いてセクハr・・・じゃなかったお仕置きをするつもりなのでしょうか。どうせまた何やかんや理由をつけるに決まってる(いいぞもっとやれ!)
闇属性寄りのHENTAI(注私見)に弱いので大変に楽しみです(^O^)

☆あらすじ☆
高慢令嬢の身代わり劇、 本物エリザベスの登場でラブ&戦闘が急展開!!
身代わりを継続することにしたエリザベスは、腹黒シルヴェスターと情報収集のため“恋人のフリ”をして舞踏会に参加することに。そこへ婚約者のユーインが現れ、エリザベスとの婚約破棄を宣言し……!?
【電子限定!書き下ろし短編付き】「エリザベスと、取り巻く男達の終わりなき争い」収録

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 令嬢エリザベスの華麗なる身代わり生活2/江本マシメサ

りゅうおうのおしごと!8/白鳥士郎

りゅうおうのおしごと!8 (GA文庫)
りゅうおうのおしごと!8 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年3月刊。
史上最年少竜王を中心に棋士たちの戦いを描く将棋ラブコメ第8弾。
今回はほとんど短編集的な構成でした。が、感想戦の二人が衝突する山城桜花戦は安定の熱量。やっぱり「りゅうおうのおしごと!」は面白い!

☆あらすじ☆
山城桜花戦開幕! 秘手繚乱の第8巻!!
「そうだ。京都へ行こう」
順位戦が終わり、プロ棋界は春休みに突入した。八一はあいを伴って京都を訪れるが、しかしそれはデートでも慰安旅行でもなかった。
『山城桜花戦』――女流六大タイトルの一冠を巡る戦いを見守るため。
挑戦者の月夜見坂燎と、タイトル保持者の供御飯万智。
「殺してでも奪い取る」
「……こなたはずっと、お燎の下なんどす」
親友同士の二人が激突する時――八一とあいは女流棋士の葛藤と切なさを知る。
春の京都を舞台に、華よりもなお華やかな戦いが繰り広げられる秘手繚乱の第8巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む りゅうおうのおしごと!8/白鳥士郎

浅草鬼嫁日記4 あやかし夫婦は君の名前をまだ知らない。/友麻碧

浅草鬼嫁日記 四 あやかし夫婦は君の名前をまだ知らない。 (富士見L文庫)
浅草鬼嫁日記 四 あやかし夫婦は君の名前をまだ知らない。 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年3月刊。
酒呑童子と茨木童子の前世を持つ最強高校生夫婦の日常を描くシリーズ第4弾。
今回は夫婦の親友・由理彦の「嘘」に迫っていきます。
夫婦度がアップした真紀たちのデート風景にニヨニヨしつつ、由理が隠していた真実の切なさに胸が苦しくなりました。今回も面白かったです。

☆あらすじ☆
冬の浅草を異変が襲う時――「最強の鬼嫁」夫婦と、友との絆が試される!
前世にまつわる嘘の一つが明かされて、すれ違っていた想いに再び向き合った真紀と馨は、約束していた江ノ島デートへ! その頃浅草では、元あやかしの友・由理彦の妹の若葉が、怪我をしたあやかしと出会っていて……

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 浅草鬼嫁日記4 あやかし夫婦は君の名前をまだ知らない。/友麻碧

覇剣の皇姫アルティーナ 13/むらさきゆきや

覇剣の皇姫アルティーナ XIII (ファミ通文庫)
覇剣の皇姫アルティーナ XIII (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年2月刊。
皇帝を目指す姫と、読書狂の軍師の戦いを描くファンタジー戦記第13弾。
なんだか久々にアルティーナとレジスが同じ戦場で戦ったような・・・?
しばらく物足りなさが気になっていたのですが、今回はとても面白かったです。
そしてなによりアルティーナの成長が頼もしい!

☆あらすじ☆
アルティーナは帝国元帥に任命され、南方戦線へと派兵される。その道中、旧知である貴族ティラソラヴェルデ家のエレアノールが部隊を訪ねてきた。彼女は、新皇帝から過大な要求を受けて頼ってきたのだ。レジスは救いの妙案を出しつつ、南方戦線の早期決着を約束する。しかし、アルティーナたちが合流した第六軍・第八軍の兵は戦意が低く、レジスは今までとは違う苦労を背負うことに……!?
覇剣の皇姫と読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー第十三弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 覇剣の皇姫アルティーナ 13/むらさきゆきや

世界の果てのランダム・ウォーカー/西条陽

世界の果てのランダム・ウォーカー (電撃文庫)
世界の果てのランダム・ウォーカー (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年3月刊。
第24回電撃小説大賞《金賞》受賞作。
天空国家から調査のために地上に派遣された二人組を通して、様々な世界の不思議を描いていくファンタジーです。
同じ地上とは思えないほど文明レベルの差が激しいこともあって、闇鍋のような趣のある作品でした。そこが面白かったけれどw
規則に縛られない自由な女上司と、彼女をフォローしようとする青年部下の関係も良し。そもそも男女バディものってだけで好みです。
全ての謎を綺麗に解き明かすわけでもない不思議な読後感ですが、人が世界を知ろうとする事自体が無謀なのでしょう。壮大に広がりを持った世界観が魅力的な作品でした。

☆あらすじ☆
世界を知りたいヨキと、世界を愛するシュカ。二人が織りなす、少し不思議な物語。
深く、広い世界。その全てを知ろうと、天空国家セントラルは各地に調査官を派遣していた。調査官であるヨキとシュカは、多大な個人的興味と、小指の先ほどの職務への忠誠心を胸に、様々な調査をする。これは二人が世界を巡り、人々と出会い、(時々)謎を解き明かす物語である。
「――とかいって、なんか凄く良い話みたいだね、ヨキ」
「どうでしょうね。僕はシュカ先輩が真面目に仕事をしてくれるなら何でもいいですけど」
凸凹調査官コンビによる、かけがえのない時間をあなたに。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界の果てのランダム・ウォーカー/西条陽

錆喰いビスコ/瘤久保慎司

錆喰いビスコ (電撃文庫)
錆喰いビスコ (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年3月刊。
第24回電撃小説大賞「銀賞」受賞作。
面白かったー!!
錆に覆われて荒廃した未来の日本を舞台に、「キノコ守り」の少年と、彼の相棒となった少年の冒険を描くファンタジーです。
廃墟のような日本の姿にゾクゾク(ワクワク)する一方、もはや万能を疑う多彩なキノコや、超進化をとげた巨大生物が入り乱れるパワフルな世界観が最高。
そして何より相棒の絆に胸が熱くなる物語でした。この作品の真っ直ぐに力強い「愛」の描き方、ものすごく好きです。
「錆ついた世界であっても、人間の心は未だ錆びついていない」というのがね、こうね、痺れるよね・・・・・・
目が滑る部分も結構あって、そのへんは荒削りに感じるのだけど、これだけ面白ければ文句ありません。この方向でどんどん伸びてほしい期待の新作です。

☆あらすじ☆
すべてを錆つかせ、人類を死の脅威に陥れる《錆び風》の中を駆け抜ける、疾風無頼の「キノコ守り」赤星ビスコ。彼は、師匠を救うための霊薬キノコ《錆喰い》を求め旅をしていた。美貌の少年医師・ミロを相棒に、波乱の冒険へ飛び出すビスコ。
行く手に広がる埼玉鉄砂漠、文明を滅ぼした防衛兵器の遺構にできた街、大蛸の巣くう地下鉄の廃線――。
過酷な道中で次々に迫る脅威を、ミロの知恵の閃きと、ビスコ必中のキノコ矢が貫く! しかし、その先には邪悪な県知事の奸計が――。愛する人を救うため、強弓が撃ち抜く冒険ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 錆喰いビスコ/瘤久保慎司