異人館画廊5 失われた絵と学園の秘密/谷瑞恵


異人館画廊 失われた絵と学園の秘密 (オレンジ文庫)
異人館画廊 失われた絵と学園の秘密 (オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年12月刊。
「呪いの絵」を生みだす図像術を巡る美術ミステリー第5弾。
今回は学園潜入編なのだけど、言われて思い出す「千景(18)」という事実。
千景の拗らせ方って思春期よりも少し上の女の拗らせ方っぽいよなという印象があって、18歳ということをうっかり忘れてしまいます。それくらい彼女が大変な人生を送ってきたということなのだけど。
悪い意味で大人びているし、悪い意味で子どもっぽい。
でもそこから生まれる不安定さに目が離せないんですよね。正直、私は千景の面倒くさいのキャラが嫌いじゃない。
まぁ、この子に対して微妙な距離感を保つ努力をし続ける透磨さんは不憫ですがw

☆あらすじ☆
自殺未遂した少女、消えた絵……。鈴蘭学園美術部で起こった複数の事件には、図像術につながる何かが感じられる。
そんななか鈴子の提案で、千景は転入性として生徒の一人を装い、学園の潜入調査を決行することになって……!?
今まで経験することのなかった学生生活に戸惑いながらも、次第に学園に溶け込んでいく千景――。嘘をついているのは誰……!?
此花統治郎の孫で、目立った存在の千景に近付いてくる疑惑の同級生たち――。それを心配するあまり、やきもきしながらも見守る透磨――。
矛盾する少女たちの証言に翻弄され、時に危険にさらされながらも、二人は、事件と……呪われた絵画「ユディト」の謎を追う――。
その先には、千景の過去ともつながるような学園の秘密が隠されていて――!?
話題の美術ミステリー、第五弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

自殺未遂した女子高生の周囲で、図像術を探すプラチナ・ミューズ画廊の矢神の影がある。
卓越した模写を可能とする女子高生は、もしや失われた図像術を現代に再現できてしまうのではないか――

 

というわけで、今回は千景が女子高生の振りをして学園に潜入するというストーリー。
10代女子が主人公なのに学校パートができない設定だったのだけど、まさか潜入作戦という形で千景が女子高生な生活を見せてくれるとは。
表紙のふたり、なんだか女子高生とイケメン教師の禁断の恋的なアレっぽいですね。
透磨さんも教師に成りすまして一緒に潜入してくれたらお約束を見れたかもしれないのに実に惜しい。
ほんと見たかった・・・・・・こっそり教師権限濫用して空き教室に千景を呼び出す透磨さんが見たかった・・・!

 

それはさておき。

 

学園舞台ということなので、同年代が山ほどいる空間に千景を放り込んだらどうなるのかが気になっていたわけだけど、まぁ、うーん、浮いてますね?
千景って外から見るとミステリアスな言動するし美少女だし頭は良いし、近づかずにいられないか遠巻きに見守るかのどちらかになってしまう気がします。

 

で、千景の方もオフでは人見知りだから大丈夫かなぁ?と思ったら(浮いているなりに)意外と上手くやれていた様子。お友達もできたし。
キューブの活動が千景に良い影響を与えているんだろうなぁ。1巻の頃の千景だったらどこまで有沙と仲良くできたかどうか。

 

それと、千景が男の子と二人で遊びに行ったのが少し意外だったのだけど、ここは彼女の内心の変化が顕著に表れている場面なのではないでしょうか。
ゲーセンに行ったりプリクラを撮る千景って、個人的にイメージになくて。クールにスルーしそうなものなのに。
ちゃんと興味を示して付き合うあたり「異性としての男性」に対する彼女のスタンスに変化が起きている気がします。
透磨さーん!千景ちゃん、変わってきてるよ!!能動的な方向に情緒が芽生えてきているよ!
バナナ入りポテサラに嫌味言ってる場合じゃないよ!!(バナナ入りは驚いたけど「バナナ抜き」という遠回しすぎるデレには萌えた

 

とはいえ動物園デートを実行してたし、透磨さんも彼なりに頑張ってはいるのでしょう。
ただ、欠けた記憶と図像術のことがずっと二人の間に横たわっていて、近すぎず遠すぎずの微妙な距離を保たなければならない(と思っている)だけで。
仮に透磨が意を決して距離を縮めたとして、そのときに千景に何が起こるのかわからないのがなぁ・・・・・・もどかしい。

 

そういえば、今回の事件を追う中で、「千景が無くした記憶」について少しだけスポットが当てられていました。
なくしたのは透磨の記憶だけ?
カゲロウが千景のことを知っているのは「記憶を失う前にいた千景の友達」だからなのでは?
もしそうだとすると、カゲロウがキューブにいる理由って・・・?

 

色々と気になりますが、谷瑞恵作品安定の超スローペースながら千景と透磨の心境も少しずつ変わってきている様子。
でもそろそろ大きな動きがほしいなぁ。続きが待ち遠しいです。

 

余談。
透磨がプレゼントした井戸のチャーム。
千景はこれを「願いの井戸」だと言っていたけど、気になってシンボルとしての井戸の意味をググったら「真実」とか「再生」の他には「はけ口のない情熱」って出てきたんですけど。
はけ口のない情熱・・・・・・・・・

透磨さーーーーーん!

 

スポンサーリンク
 
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。