ロード・エルメロイII世の事件簿2・3「case.双貌塔イゼルマ(上・下)」/三田誠

ロード・エルメロイII世の事件簿 2 「case.双貌塔イゼルマ(上)」 (TYPE-MOON BOOKS)
ロード・エルメロイII世の事件簿 2 「case.双貌塔イゼルマ(上)」 (TYPE-MOON BOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2巻:2015年8月刊。3巻:2015年12月刊。
時計塔のロードが謎を解き明かす、魔術師だらけのミステリー第2弾。
今回はエルメロイ2世の義妹・ライネスと内弟子・グレイが招待された社交会で起こった殺人事件を巡るストーリー。
今回でエルメロイ家の内情が色々明らかになったのだけど、それはさておき私はライネスちゃんがかなり好きです。ドSみのある美少女最高か。

☆あらすじ☆
「我が師に問う。――魔術における究極の美とは何か、と」神秘と幻想の事件簿、第二幕開演――!
双貌塔イゼルマに住まう、双子の姫。至高の美を持つとされる黄金姫・白銀姫のお披露目に、エルメロイII世の義妹であるライネス・エルメロイ・アーチゾルテも参加することとなった。時計塔の社交会となれば派閥抗争もありえると、ボディガードとしてグレイを連れて行ったライネスだが、そこで起こった事件は彼女の想像をも超えていた。三大貴族。冠位(グランド)の魔術師。ロード・エルメロイII世は、『時計塔』に巣くう闇をいかにひもとくか。魔術と美、幻想と陰謀とが交錯する『ロード・エルメロイII世の事件簿』、第二幕開演。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ロード・エルメロイII世の事件簿2・3「case.双貌塔イゼルマ(上・下)」/三田誠

ロード・エルメロイII世の事件簿1「case.剥離城アドラ」/三田誠

ロード・エルメロイII世の事件簿 1 「case.剥離城アドラ」 (TYPE-MOON BOOKS)
ロード・エルメロイII世の事件簿 1 「case.剥離城アドラ」 (TYPE-MOON BOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2014年12月刊。
面白かったー!
Fate/Zeroのヒロイン(?)ウェイバーくん改めロード・エルメロイ2世が、魔術師の世界で起こる謎を解き明かすミステリー。
読者にフェアなタイプのミステリーではないかもしれないけれど、怒涛の薀蓄をもって語られる謎と真相にワクワクする作品でした。ちょっとだけ読み心地がラングドン教授シリーズに近いかも?こういうの大好きです。
それにしてもFateの世界観って面白いなぁ。神秘の探求者にして俗世を切り離せない魔術師の世界の薄暗さが楽しい。
そして10年前は頼りなくてイジケ虫だった少年の成長が・・・・・・もう・・・・・・感無量すぎて・・・・・・

☆あらすじ☆
第四次聖杯戦争から十年後、少年は君主(ロード)となった―――。Fateシリーズに連なる魔術ミステリー、ここに開幕!!
『時計塔』。それは魔術世界の中心。貴い神秘を蔵する魔術協会の総本山。この『時計塔』において現代魔術科の君主(ロード)であるエルメロイII世は、とある事情から剥離城アドラでの遺産相続に巻き込まれる。城中に鏤められた数多の天使、そして招待者たちそれぞれに与えられた〈天使名〉の謎を解いた者だけが、剥離城アドラの『遺産』を引き継げるというのだ。だが、それはけして単なる謎解きではなく、『時計塔』に所属する高位の魔術師たちにとってすら、あまりにも幻想的で悲愴な事件のはじまりであった──。魔術と神秘、幻想と謎が交錯する『ロード・エルメロイII世の事件簿』、いざ開幕。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ロード・エルメロイII世の事件簿1「case.剥離城アドラ」/三田誠

異人館画廊5 失われた絵と学園の秘密/谷瑞恵

異人館画廊 失われた絵と学園の秘密 (オレンジ文庫)
異人館画廊 失われた絵と学園の秘密 (オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年12月刊。
「呪いの絵」を生みだす図像術を巡る美術ミステリー第5弾。
今回は学園潜入編なのだけど、言われて思い出す「千景(18)」という事実。
千景の拗らせ方って思春期よりも少し上の女の拗らせ方っぽいよなという印象があって、18歳ということをうっかり忘れてしまいます。それくらい彼女が大変な人生を送ってきたということなのだけど。
悪い意味で大人びているし、悪い意味で子どもっぽい。
でもそこから生まれる不安定さに目が離せないんですよね。正直、私は千景の面倒くさいのキャラが嫌いじゃない。
まぁ、この子に対して微妙な距離感を保つ努力をし続ける透磨さんは不憫ですがw

☆あらすじ☆
自殺未遂した少女、消えた絵……。鈴蘭学園美術部で起こった複数の事件には、図像術につながる何かが感じられる。
そんななか鈴子の提案で、千景は転入性として生徒の一人を装い、学園の潜入調査を決行することになって……!?
今まで経験することのなかった学生生活に戸惑いながらも、次第に学園に溶け込んでいく千景――。嘘をついているのは誰……!?
此花統治郎の孫で、目立った存在の千景に近付いてくる疑惑の同級生たち――。それを心配するあまり、やきもきしながらも見守る透磨――。
矛盾する少女たちの証言に翻弄され、時に危険にさらされながらも、二人は、事件と……呪われた絵画「ユディト」の謎を追う――。
その先には、千景の過去ともつながるような学園の秘密が隠されていて――!?
話題の美術ミステリー、第五弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異人館画廊5 失われた絵と学園の秘密/谷瑞恵

瑠璃花舞姫録 召しませ、舞姫様っ!/くりたかのこ

瑠璃花舞姫録 召しませ、舞姫様っ! (ビーズログ文庫)
瑠璃花舞姫録 召しませ、舞姫様っ! (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年12月刊。
前作「瑠璃龍守護録」の約20年後を描いた新シリーズ。
あとがきには「瑠璃龍」の外伝を大幅改稿した新作とありますが、個人的には完全に瑠璃龍の外伝(もしくは続編)では?という印象です。
次世代編だし前作の話が結構多いし、終盤の展開を見ても完全新作として前作未読者が読むと厳しいものがあるような・・・・・・あくまで私の印象ですけどね。
逆に言えば前作読者にはとても楽しくニヤニヤできる内容となっていました。
キツネ系ヒーローとウサギ系ヒロインの関係が可愛かった〜〜。本能に抗うのって大変ですね!

☆あらすじ☆
落ちこぼれ少女と半妖青年。主従となった二人の中華ラブコメファンタジー!
龍神の守護を受ける歳国。落ちこぼれ道官の少女・月英は、とある事情から狐の耳を持つ青年・景将に護衛されることに。景将はいわば下僕。なのにどちらが主か分からない彼の言動に振り回されて? 逆転主従ラブコメ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 瑠璃花舞姫録 召しませ、舞姫様っ!/くりたかのこ

ぼんくら陰陽師の鬼嫁3/秋田みやび

ぼんくら陰陽師の鬼嫁 三 (富士見L文庫)
ぼんくら陰陽師の鬼嫁 三 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年12月刊。
ほぼ無能のぼんくら陰陽師と女子大生契約嫁が二人三脚で頑張る退魔ファンタジー第3弾。今回も面白かった!
今回は北御門家の内情に少しずつ踏み込みつつ、なんと嫁姑が一時休戦。
お姑さん、嫁いびり下手っぴなんだから芹ちゃんと仲良くすればいいのに・・・と思いつつ、安定かつ圧倒的お人好し感にほっこりしました。
契約夫婦の方もベタベタしすぎずサバサバしすぎず、絶妙に萌える距離感が素晴らしい。
そろそろ皇臥さんが本気で頑張りはじめたりするのかな?楽しみにしてるんだよ?がんばって??

☆あらすじ☆
敵の敵は味方……一時休戦で、最強嫁姑タッグ結成か!?
本家の嫁・芹をお披露目しろと、叔父が北御門家に乗り込んできた! 叔父は姑の史緒佳と反りが合わないようで、門前から嫌みの応酬。さらに本間先輩の持ち込んできたいわく付きの白無垢が、芹の身に災いを呼び――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ぼんくら陰陽師の鬼嫁3/秋田みやび

Fate/strange Fake 1〜4/成田良悟

Fate/strange Fake (1) (電撃文庫)
Fate/strange Fake (1) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
1巻:2015年1月刊、2巻:2015年5月刊、3巻:2016年5月刊、4巻:2017年4月刊。
ここ最近、(今さらながら)Fateの沼地に片足を突っ込んでるみかこです。こんにちは。
FGOは1章と新宿まで終わり、アニメはstay night、UBW、Zeroを完走。
次は関連ラノベを読んでいくぞ!ということで、アメリカを舞台に「偽の聖杯戦争」が繰り広げられる本作から手をつけることにしました。
本当はZeroの原作小説から読むつもりだったんですけど、私、うっかり金ピカの王様推しになってしまって・・・・・・王様表紙のFakeを読まずにいられなかった・・・・・・
しかも1巻表紙が王様と親友のツーショットとか!もう!もう!表紙だけで超エモい!!
序盤から王様節が炸裂してるし、彼との再会は期待通りだし、話が進むにつれてどんどん混沌と化す群像劇は面白いし、なにこのシリーズ超楽しいんですけど・・・!

☆あらすじ☆
あらゆる願いを叶える願望機「聖杯」を求め、魔術師たちが英霊を召喚して競い合う争奪戦──聖杯戦争。
日本の地で行われた第五次聖杯戦争の終結から数年、米国西部スノーフィールドの地において次なる戦いが顕現する。
──それは偽りだらけの聖杯戦争。偽りの台座に集まった魔術師と英霊達。
これが偽りの聖杯戦争であると知りながら── 彼らはそれでも、台座の上で踊り続ける。
真偽などは彼岸の彼方。聖杯ではなく── 他でもない、彼ら自身の信念を通すために。
そしてその時、器に満ちるのは偽りか、真実か、それとも──。
成田良悟と奈須きのこがタッグを組み、イラスト・森井しづきが彩る『Fate』の新プロジェクトが遂に本格始動!!

以下、1巻から4巻までのネタバレあり感想です。

続きを読む Fate/strange Fake 1〜4/成田良悟

異世界で竜が許嫁です 1・2/山崎里佳

異世界で竜が許嫁です (角川ビーンズ文庫)
異世界で竜が許嫁です (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
1巻:2017年6月刊。2巻:2017年12月刊。
楽しかったー!
竜の力を取り込んだ女子高生が、彼と協力して元の世界に戻ろうと奮闘する異世界転移ファンタジー。
タイトル通りに偽装恋人(婚約)モノです。1巻は険悪な出会いからじっくりと関係を構築し、2巻で色々と爆発してくれます。
特に2巻で見せてくれるヒーロー氏の面白さは最高でした。これはキャラにつられて読者が恥ずかしくなる系ラブコメ・・・!
お姉ちゃん気質のヒロインは好感がもてるし、猜疑心が強く合理主義者のヒーローの変わりようにはニヤニヤ。
ヒーロー側の事情的にシリアス強めな部分もあるのだけど、掛け合いのコミカルさが楽しくて一気読みです。
異文化交流要素も面白く、価値観の違いによる羞恥心のすれ違いは必見ですよ!

☆あらすじ(1巻)☆
異世界トリップ、からの美形貴公子(ただし竜)と強制婚約…!?
赤い飴を食べ、異世界にとんだ高校生のエミ。実はオレ様貴公子ルイス(竜)の力を飲み込んでいたため、まさかの「許嫁」にされてしまい!? 人間嫌いの””竜族””が支配する地で、問題だらけの異世界トリップ・ラブ!

以下、1・2巻まとめてネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界で竜が許嫁です 1・2/山崎里佳

淋しき王は天を堕とす ―千年の、或ル師弟―/守野伊音

淋しき王は天を堕とす ―千年の、或ル師弟― (角川ビーンズ文庫)
淋しき王は天を堕とす ―千年の、或ル師弟― (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年12月刊。
第15回ビーンズ小説大賞「優秀賞」受賞作。
天人と人間の争いが続く世界で出会った、とある師弟。
悲劇的な運命を背負う二人の関係を、時にシリアスに、時にコミカルに描いていくラブファンタジーです。
ストーリーラインや設定は重いのだけど、主人公の明るさとコミカルなノリに包み込まれているため、とても楽しく読むことができました。
ていうか、「背中に羽を持つ天人」とか、「戦場の神殺し」とか、「愛してるけど殺さなきゃいけない」とか、「愛してるから殺してあげる」とか、そういう中二あふれるゴシックファンタジーな雰囲気が好きて・・・・・・
ぶっちゃけ性癖に刺さりすぎてしんどい!

☆あらすじ☆
天人の“師匠”は、敵対する人間の王・ルタに殺された。彼女の最期の願いは、愛してしまったルタの幸せ。しかし千年後、人間・アセビに転生した“師匠”が見たのは、神話として語られ孤独に生きるルタだった。
互いに恋しても、種族が、世界が、誤解が、邪魔をして“相手を幸せにできない”と空回る想い。共に在ることが叶わないなら──変えるべきは世界か。
第15回ビーンズ小説大賞優秀賞受賞、魂に刻まれた恋物語。電子特典としてルタとアセビの“その後”を描いたショートストーリーを収録。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 淋しき王は天を堕とす ―千年の、或ル師弟―/守野伊音

ヴぁんぷちゃんとゾンビくん 吸血姫は恋したい/空伏空人

ヴぁんぷちゃんとゾンビくん 吸血姫は恋したい (角川スニーカー文庫)
ヴぁんぷちゃんとゾンビくん 吸血姫は恋したい (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年12月刊。
面白かったー!
吸血鬼とゾンビの出会いから始まる現代ファンタジー。
孤独な少女と名前のない少年のズレた掛け合いが可愛く、互いを通して「自分」を知っていく物語としても面白かったです。
人外恋愛譚として私好みな作品。ぜひシリーズ化してほしいなー!

☆あらすじ☆
ひとりぼっちの吸血姫と心を持たない死人青年の、ガール・ミーツ・ボーイ
魅了の魔眼を持つせいで、心を通わせる相手が作れない吸血鬼の少女・ルーミア。だからこそ、誰よりも“恋愛”に憧れていて──。そんな彼女が出会ったのは、心がないゆえに対等になれるゾンビだった!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ヴぁんぷちゃんとゾンビくん 吸血姫は恋したい/空伏空人

花冠の王国の花嫌い姫6 祝福の赤薔薇/長月遥

花冠の王国の花嫌い姫6 祝福の赤薔薇 (ビーズログ文庫)
花冠の王国の花嫌い姫6 祝福の赤薔薇 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年10月刊。
花粉症の姫君の辺境弱小国の王太子の政略結婚から始まるラブロマンス最終巻。
嫁入りから始まって結婚式でフィナーレというのは王道中の王道ですが、ここまでたどり着けたことに感無量。
個人的にはもう少し掘り下げてほしい部分もあったけれど、綺麗な大団円を迎えていると思います。最後までイスカのキャラがブレなかったのは褒め称えたい。
長月遥先生の次回作も楽しみに待ってます!

☆あらすじ☆
花粉症姫、アレルギーの出ない理想郷でついに涙と鼻水の結婚式――!?
ようやく元のさやに戻ったイスカとフローレンス。これで結婚できると思いきや、挙式には正教会の聖王も出席を表明。これは、何かが起きる予感しかない……!? 花粉症姫の涙と鼻水の奮闘記、堂々完結!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 花冠の王国の花嫌い姫6 祝福の赤薔薇/長月遥