神様の名前探し/山本風碧

神様の名前探し (双葉文庫)
神様の名前探し (双葉文庫)

評価:★★★☆☆
2017年10月刊。
記憶喪失の神様に取り憑かれた幼馴染を助けるため、2人で神様の名前を探して神社巡りをする高校生の物語。
神社巡りってあまり興味なかったのだけど、こういう作品を読むと旅に出たい欲求を刺激されます。特に京都。あ、でも京都は常に行きたい行きたい言ってる気もする。
神社巡りのお話も良かったけれど幼馴染の2人の関係性にも注目。
幼い頃から続く距離感に複雑な想いを抱える思春期特有のセンチメンタルさが良かったです。これぞ幼馴染モノの醍醐味。
特にヒーローの方はすごく面倒くさい奴なのだけど、そういう人間になっちゃった理由もわかるというか・・・・・・
思春期の繊細な男の子の心が無慈悲に虐殺されるのを見た・・・・・・

☆あらすじ☆
高校生の立花薫は、清掃ボランティアで行った家の裏庭の小さな社を、誤って壊してしまう。直後、銀色の目の美青年が現れる。《神様》と自称する彼は、その場にいた薫の幼なじみ・二宮瑛太に憑依した。《神様》は瑛太が寝ている間に現れては、お小遣いを無駄遣い。「祭神がわからないと天界に戻れない」という《神様》のために、瑛太と薫は《神様》の名前を探す旅に出ることになった!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神様の名前探し/山本風碧