魔王の娘を嫁に田舎暮らしを始めたが、幸せになってはダメらしい。/手島史詞


魔王の娘を嫁に田舎暮らしを始めたが、幸せになってはダメらしい。 (GA文庫)
魔王の娘を嫁に田舎暮らしを始めたが、幸せになってはダメらしい。 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年10月刊。
HJ文庫で『魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?』を刊行中の手島さんの最新作。
完全に魔奴愛読者を狙い撃ちしにきてますよね?実に良いと思います!
コミュ障な魔王の娘と、彼女と新婚夫婦のフリをしすることになった魔王軍幹部の少年。
実は両思いな彼らの関係は「身分(種族)違いの許されない恋」であるため、イチャイチャが葛藤つきなこともあって魔奴愛よりは少し糖度控えめかな。砂糖特盛りから砂糖山盛りになった感じです。これも良い糖分補給ラノベ!

☆あらすじ☆
魔王の娘と同居するけど、結ばれるのはNG?
愛しい『魔王の娘』のコミュ症を治す為、田舎でリハビリ生活を始めることに……
絶対に幸福になってはいけない? スローライフ開始!!
「え、なにこれ気持ちいい? いやなんで、よしよしされてんの?」
魔王軍の騎士のカズキは、魔王の娘アストリッドのコミュ障を治すため、二人で田舎暮らしすることに。
「うおおおっ、耐えろ僕の忠誠心!」
カズキは護衛に徹するが、アストリッドは新生活にノリノリ。かいがいしく世話を焼き、可愛い仕草でカズキを無自覚に誘惑!? 過ちを犯せば死罪だが、理性はもう限界に……。そんななか、カズキの宿敵、勇者アスマと女神官ミラが現れる。所構わずイチャつく二人のバカップル振りにあてられ、アストリッドの行動は大胆に――。
「クソ勇者ども、余計なことをっ!」
カズキ! 絶対に結ばれてはいけない(?)、スローライフを死守せよ!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

物語の舞台となるのは、秩序の女神に仕える種族「調和勢」と魔王を筆頭とする魔族「混沌勢」の間で争いが繰り広げられる世界。
人間でありながら魔王に実子同然に育てられてきた少年・カズキは、魔王軍四天王のひとり《紅蓮の騎士》として勇者や調和勢との戦いで活躍していた。
そんな中、カズキは魔王の娘・アストリッドのコミュ障を治すため、彼女と一緒に調和勢の田舎町で暮らすことになるのです。新婚夫婦と偽って。

 

魔奴愛ではバカップルのダダ甘いラブコメをみせてくれた手島さんだけに、偽装結婚ラブコメとか期待するしかなかった・・・・・・絶対に糖度過多だと思ってました!

 

で、読んでみると、予想通り甘い甘い。
しかもバカップルが1組じゃない。

カズキとアストリッドの初々しくてギクシャクとした関係もニヨニヨしてしまうけど、勇者アスマと神官ミラのイラッとくる熱愛ぶりにもにやけてしまいました。
アスマたちはアレですね。リア充爆発しろ!って叫びたくなる感じ(これもう死語?)
こんなウザかわケンカップルで脇を固めるとか、どんだけバカップル押しなの・・・・・・お手本ネタはもっと増量してもいいですよ!

 

ただし、同じくバカップルといってもアストリッドとカズキはおおっぴらにイチャイチャできない関係。新婚(偽)なのに!
「魔王の娘」として強い血を残さなければならないアストリッドは人間であるカズキと結ばれることはできないし、そもそも親バカ魔王によって手出しはご法度&監視つき。
そういう「好きだけど気持ちを抑えなきゃいけない」というジレジレ感が、魔奴愛とは違った形で良いアクセントになっていたと思います。
まぁ実際にジレジレしていたかというと、そうでもないのだけど。設定は悲恋なのに全く哀しい雰囲気はなかった・・・・・・なんかもう「ごっこでも良い・・・!」みたいな幸せしかなかった・・・・・・アストリッドが超幸せそうでほっこりしましたw

 

アストリッドはモジモジしながらグイグイくるのがすごく可愛いんですよねぇ。
ただ、ラストでアストリッドがカズキと結ばれるために腹を括る展開にするなら、もう少し事前にアストリッドの「ごっこ」への複雑な想いを掘り下げてほしかったかなぁ。
魔奴愛はイチャラブの影に過去の孤独感があるところも好きだったので。
本作の設定なら「許されない恋」をもう少しだけ(ほんの少しだけで良い)シリアス風味に寄せてもらいたかった。まぁ好みの問題ですが!

 

それはさておきカズキって心にバーサーカーでも飼ってるんでしょうか。
外面と内面と対アストリッドで人が変わりすぎでは・・・・・・「人間滅べ!」って作中何度考えてるんだろう。それだけ魔王への忠誠心が強いってことなんだろうけれど。

でもカズキはあくまで人間。
途中で出自に疑問がでてきたときには「これは魔王さまの悪巧み発覚からの決別フラグ!?」とハラハラしました〜。
カズキの素性も能力も分かった上で魔王の力になるように緩やかに思考誘導(洗脳?)してきたのかなって。

違った。
これはもっと何か神話レベルの壮大な話なんですね?
調和と混沌の争い自体が凶悪な何かによって意図的に引き起こされているとか?
魔王と彼が盟友ってことは、二大勢力の争いは魔王の本意じゃなさそうだし・・・・・・

 

バカップルのスローライフかと思いきや「スローとは?」とツッコミたくなる不穏な幕開け。
それでいて糖度ばっちりなのは素晴らしかったです。
まだまだ序章という感じだし、腹をくくったアストリッドは更なる攻撃を仕掛けてくれそう。
2巻の刊行は決定しているようなので、続きを楽しみに待ちたいと思います。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。