後宮樂華伝 血染めの花嫁は妙なる謎を奏でる/はるおかりの

後宮樂華伝 血染めの花嫁は妙なる謎を奏でる (コバルト文庫)
後宮樂華伝 血染めの花嫁は妙なる謎を奏でる (コバルト文庫)

前作の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年6月刊。
皇族たちの恋を描く中華後宮ミステリー第6弾。
今回は恋愛嫌いで武官嫌いの舞姫と、彼女に一目惚れした一途な武人の恋を描いた物語です。
私がこれまでの後宮シリーズで一番好きなのは「後宮錦華伝」のカップルなのですが、それに勝るとも劣らない魅力的な息子夫婦の恋物語でした。ほんと甲乙つけがたい。特に今回のヒーローのウブさがすごくすごく良いものだったので・・・!
ちなみに毎回変わる謎解きのテーマは『音楽』。
舞、童謡、楽器などなど、中華風に雅な音楽の世界がとても素敵でした。

☆あらすじ☆
三年前の春、帝の従弟で武人の高元炯は、紫の衣をひるがえして舞う後宮の宮妓・幽彩媚に一目惚れをした。以来彼女のことが忘れられずにいたが、恋愛に奥手な元炯は心の中で彼女を想うことしかできない。しかし蛮族の制圧で武勇を馳せた元炯は、褒美として皇帝から彩媚を下賜されることになり、二人は結婚することになる。元炯の初恋は実ったかに見えたが、実は彩媚は大の武人嫌いで…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮樂華伝 血染めの花嫁は妙なる謎を奏でる/はるおかりの