ルパンの娘/横関大

ルパンの娘 (講談社文庫)
ルパンの娘 (講談社文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年8月刊。初出は講談社単行本2015年8月刊。
互いの素性を知らないまま恋に落ちた、泥棒一家の娘と警察一家の息子。
ロミジュリな恋の行方を描く一方で、ヒロインの祖父が殺害される事件の謎を追っていく物語です。
ラブストーリーの筋で進みつつ、濃すぎる二家族がわちゃわちゃするホームドラマなミステリーでした。
両家族共に実に生き生きしています。家族みんなが入り乱れるクライマックスのドタバタ感はすごく楽しかった!
謎も二転三転して面白いのだけど、ラストは「お前らいい加減にせぇよ」と思わずにいられませんw
そのくせ憎めないところがタイトル負けしてなくて良し!

☆あらすじ☆
三雲華は恋人の桜庭和馬の家に挨拶に行くこととなった。ついに桜庭家に到着した華は、玄関の家族写真を見て唖然とする。全員が警察の制服らしき服装に身を包み、それぞれ敬礼のポーズをしている。華が育った三雲家は、代々泥棒を生業としており、一家全員が盗人だ。その数日後、荒川の河川敷で男の焼死体が見つかり、和馬は現場に急行した。その被害者は華の祖父、三雲巌だった。次々と出てくる新たな謎に1ページも目が話せない!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ルパンの娘/横関大