幸運なバカたちが学園を回す1 豪運ザコとカワイイ幼馴染/藍藤遊


幸運なバカたちが学園を回す1 ~豪運ザコとカワイイ幼馴染~ (MF文庫J)
幸運なバカたちが学園を回す1 ~豪運ザコとカワイイ幼馴染~ (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年10月刊。
笑った〜w
何もかもがガチャで決まるというぶっ飛んだ学園を舞台にした青春小説。
畳み掛けるようなギャグとノリの良さが楽しい作品でした。
幼なじみ好き的にもニヨニヨできて満足。幼い頃のすれ違いからの〜っていう展開が大好物なチョロい私です。
そしてなにより仲良しバカどもの友情に幸あれ!

☆あらすじ☆
幸運の女神が大爆笑! 全然嬉しくない幸運を持つ少年と愉快な仲間の物語。
――矢内総流はかなり特異な運の持ち主だ。たとえば、ソシャゲでお気に入りのキャラが欲しくてガチャを回せば、まったく興味の欠片もないSSRを引いてしまうような、いわゆる“要らない幸運を引く”体質だった。そんな、人とは違う妙ちくりんな幸運を持った総流が――すべてが“運”で決まる学園に入学してしまった! 時間割、食堂のメニュー、席替え、試験……学生生活に欠かせない、ありとあらゆるものが運試しによって決まるというとんでもない学園。そんな学園で総流は、小学校以来の幼馴染と再会する。……が、総流にとっては、それすらも“要らない幸運”だった!? これは、全然嬉しくない幸運を持つ少年と、愉快な仲間の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

 

「運命を探求する」をスローガンにしたガチャ特区を舞台に、運を過剰に絡めた学園生活が繰り広げられる本作
友人たちに背中をドーンと押される形で、「欲しくもない幸運」の持ち主である主人公・矢内総流は幼なじみ・飯倉レナとの関係修復を目指すことになるのです。

 

総流がレナと仲直りするために奮闘する一方、悪ノリ上等で全力でふざけながら青春を謳歌する学園生活が描かれていくことになるのだけど、この学園生活が本当にひどいww

毎日の時間割すらガチャ次第ってどういうこと??単位認定どうなってるんだ・・・?あ、それ含めて運次第ってことなのでしょうか。こわっ!
食堂もガチャ。球技大会の内容も、イベント開催も、トイレすらもガチャ次第。
何でもかんでもガチャで決める生活の中で、総流の「欲しくもない幸運の持ち主」という設定が存分に発揮されていたと思います。
レアな不用品を山ほど当てる人生とか辛すぎるww キャラメルマキアートじゃお腹は膨れません・・・!

 

ガチャに絡めたトラブルも続出して、その大騒ぎっぷりにも笑いました〜
だいたい全部幸田のせいなんだけど、しれっと総流も色々とひどいですよね。そこに華恋も加わると更にカオス。
総括すると1年3箱めがひどい。日常がこんな感じなら、さぞ他のクラスから恐れられていることでしょうよ。でも良いんです楽しそうだから!
テンポとノリの良い会話劇が最高でした。ギャグとツッコミの切れ味が良くて好きだなぁ。

 

そういえばガチャを回せば回すほどカロリーが消費されるとかいう夢のシステムのリアル実装はまだですか??
この学園ぶっ飛びすぎてて絶対通いたくないなーってケラケラ笑ってたのに、あのシーンだけは真顔になったんですけど。心の底から羨ましい・・・!!!

 

どんちゃん騒ぎも楽しかったけれど、総流とレナが仲直りするお話も良かったです。
その誤解は仕方ないというか、むしろ何であれで告白だと思ったのかって感じだけどw
総流のせいで変わってしまったレナの性格も私は好きですよ〜〜。ツンデレ可愛い。
そのツンツンした態度から不意打ちで昔の素直さが見えてくるとキュンとします。でも基本はツンツンしていてほしい。最後はまぁいい感じに擦れちゃってw

 

余談ですが、本作を読みながら「ガチャ用語よくわからんなー。10連と単発10回は何が違うん?UCって何?」というレベルでソシャゲを知らないことを痛感。
せっかくだし(?)ソシャゲに触ってみるかな〜という軽い気持ちでFGO始めました。
ソシャゲ的なものは刀剣乱舞くらいしかやったことがなかったのだけど、これやばい。恐ろしいほどの時間泥棒・・・・・・ガチャの闇にだけは気をつけなきゃ・・・・・・でもサーヴァントが全然手に入んないよ〜・・・

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。