妻を殺してもバレない確率/桜川ヒロ

妻を殺してもバレない確率 (宝島社文庫)
妻を殺してもバレない確率 (宝島社文庫)

評価:★★★★☆
2017年10月刊。
未来予測を確率で表示するシステムにまつわる、7つのオムニバスストーリー。
どの短編もあたたかくて優しいお話ばかりでした。
表題作の妻を殺そうとする夫の話と、事故で歩けなくなった陸上選手の話が特に好き。
未来予測というギミック以外はベタなストーリーラインなのだけど心理描写が上手くて登場人物たちにスッと感情移入してしまうんですんですよね。特に後者のエピソードは泣いた・・・

☆あらすじ☆
第5回ネット小説大賞のグランプリ受賞作
未来に起こることの確率が調べられるとしたら、あなたは何の確率を調べますか?
時代遅れの政略結婚で、好きでもない女性と夫婦になってしまった男性。彼女との暮らしに苦痛を感じていた彼は、あるときから『妻を殺してもバレない確率』を調べるようになった。確率は低いが、うまくいけばこの無意味な生活を終わらせられる……。
『確率』が繋ぐ人と人との不思議な縁。
表題作以外にも「明日、世界が終わる確率」「あの子が同じ電車に乗ってくる確率」「彼が奥さんと別れる確率」「娘に彼氏ができる確率」「空から女の子が降ってくる確率」「私が一生独身の確率」など、読めば心が晴れやかになる7つの短編からなるオムニバス作品。

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む 妻を殺してもバレない確率/桜川ヒロ