なんちゃってシンデレラ4 王都迷宮編 後宮で、女の戦いはじめました。/汐邑雛


なんちゃってシンデレラ 王都迷宮編 後宮で、女の戦いはじめました。 (ビーズログ文庫)
なんちゃってシンデレラ 王都迷宮編 後宮で、女の戦いはじめました。 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年9月刊。
異世界転生おにロリ(?)ファンタジー第4弾。
新章開幕です。タイトルで身構えたほどの後宮のドロドロ感はなかったかな。
ただ、話が進むのは相変わらず遅いから、これからドロドロするのかもしれない?

☆あらすじ☆
幼女でも妻です! 夫の心と胃袋は、ぎゅっと掴んで離しません!
先王が亡くなり、ナディルの正式な王位継承が決定。これまで幼さを理由に公の場に出ることのなかったアルティリエは、 妻として夫ナディルの隣に立つため、社交界デビューするが……!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

国王逝去による服喪期間の1年がさらっととばされ、アルティリエが13歳になりました。
現代日本なら中学生かー。もうロリとはいえない?
あ、でも元々ロリの皮をかぶったヒロインだからあまり問題はないですね。

 

さて、ナディルの即位が間近に迫り、アルティリエは後宮に居を移すことに。
そこでナディルの寵をかけて女の戦いが繰り広げられる――・・・かも?というのが新章のストーリー。

 

うーん、まだ「戦い」といっても嫌がらせ程度だし、小手調べ感しかないかな。今のところ。
ライバル的な女性キャラもいるっちゃいるけれど、空気の読めない小物レベルですし。
アルティリエが出るまでもなくナディルその他の貴族からフルボッコされているので、なんとも言えない気持ちになります。
もっと、こう、手応えある感じの女の戦いが見たいかなぁ。

 

とはいえ、最後の襲撃からの逃避行はなかなかに緊迫感のある展開。
そうそう、こういうのが読みたかったんだよ!とテンションあがったところで次巻に続いてしまいました。
前章でも思ったことだけど、エンジンかかるの本当に遅いな!(泣)

 

まぁ前章ラストのようなワクワク感が待っているのだろうし、土台を構築中なのだと長い目で見守りたいと思います。
しかし王宮から飛び出した先が下町って・・・・・・
世間知らずのミセスと方向音痴の箱入り娘のコンビで無事に王宮まで戻れるのでしょうか??

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。