錬金術師と異端審問官はあいいれない/藍川竜樹

錬金術師と異端審問官はあいいれない (コバルト文庫)
錬金術師と異端審問官はあいいれない (コバルト文庫)【Amazon】

評価:★★★☆☆
2017年10月刊。
平民出身の成り上がり異端審問官と空気の読めない貴族令嬢が、異端の疑惑がある猟奇事件の謎に挑むミステリー。
オカルト事件を科学捜査で解き明かすミステリーって好きなんですよねぇ。本作も世界観を壊さない程度に科学的アプローチを試みているのは良かったです。司祭ヒーローの清濁併せ呑む感じも好きですね。男女バディっていうのがすでに好き。
ただ、ヒロインの一部行動に「ん??」と引っかかったのは残念だったり・・・・・・
ちなみに糖度はほんのり程度ですが、ラストの切なくて優しい余韻は素敵でした。

☆あらすじ☆
異端審問官のジルベールは猟奇事件に関わっていると噂される悪名高き貴族、ヴォワール辺境伯レオンを生け贄を用いて黒魔術を行った疑いで告発する。法に守られた貴族を裁く絶好の機会だと勇むジルベールだが、異端であるかどうかを客観的に判断する錬金術師のマリーは、現時点では、証拠が足りないと追加調査を行うことを進言する。融通の利かないマリーと共に再調査に向かうジルベールだが?KY令嬢と平民出エリートが猟奇的事件に挑む!凸凹コンビの錬金ミステリー!

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む 錬金術師と異端審問官はあいいれない/藍川竜樹