異世界迷宮の最深部を目指そう9/割内タリサ

異世界迷宮の最深部を目指そう 9 (オーバーラップ文庫)
異世界迷宮の最深部を目指そう 9 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年9月刊。
異世界迷宮から地上を目指すことになったシリーズ第9巻。
めっちゃダンジョン探索してて楽しかったです。今回すごくゲームっぽかったような?
それにしても相変わらずヤンデレに事欠かない作品ですねー。
カナミの胃壁は大丈夫か・・・

☆あらすじ☆
――騙り得ぬ沈黙。
ついにパリンクロンを倒したカナミだったが、迷宮・六十六層の裏で目覚めを果たす。
【五十守護者】ティティーと出会い、一年という空白期間を認識したカナミは、ともに落ちたライナーと迷宮を脱出するべく「地上」を目指すことに。六十層まで到達したふたりが出会ったのは、『光の理を盗むもの』ノスフィー。
「――あ、あぁっ!! わたくしを迎えに来てくれたのですね!」
未練を残す守護者がふたり。語るたびに騙られ、諦観が未練を呼び、誰も彼もが意味をはき違えていく。その果てにも届かぬ手を伸ばした先に――彼女の『試練』が訪れる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界迷宮の最深部を目指そう9/割内タリサ