ぬばたまおろち、しらたまおろち/白鷺あおい

ぬばたまおろち、しらたまおろち (創元推理文庫)
ぬばたまおろち、しらたまおろち (創元推理文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年9月刊。
第2回創元ファンタジイ新人賞「優秀賞」受賞作。
田舎の村で育まれる少女と白蛇の異類恋愛譚であり、妖怪たちが「魔女」になるための勉強に励む魔法学園ものであり、村に伝わる伝承の真実が明かされていく伝奇要素も強い現代ファンタジーな物語です。
もうね、こういうの大好きっっ!
ハリー・ポッターとRDG(レッドデータガール)を足して2で割った感じといえば、だいたいのイメージは伝わる気がします。
幼なじみ萌えは最高だったし、雪女やのっぺらぼうが箒に乗って空を飛ぶカオスで賑やかな世界観もすごく楽しい。
ジェットコースターな展開の先にある結末も、私的には期待通りだったので全くもって文句なしです。
1冊で綺麗に話は終わっているけれど、これはぜひシリーズ化してほしいなぁ。

ちなみに帯には「横溝正史?×ハリー・ポッター!」とあるのだけど、押し出すべきは横溝正史よりも荻原規子の方じゃないかと思ったり。児童文学に近い雰囲気の柔らかさがあるファンタジーなので。
そしてハリポタ・RDG好きはとりあえず本作を読んでほしい・・・!

☆あらすじ☆
両親を失い、田舎にある伯父の家に引き取られた綾乃には秘密の親友がいた。幼いころ洞穴で見つけた小さな白蛇アロウ。アロウはみるみる成長し、今では立派な大蛇だ。十四の夏、綾乃は村祭の舞い手に選ばれた。だが、祭の当日、サーカスから逃げ出したアナコンダが現れ村は大混乱に。そんななか、綾乃は謎の男に襲われるが、そこに疾風のように箒で現れ、間一髪彼女を救ったのは、村に滞在していた民俗学者の大原先生だった。綾乃はそのまま先生の母校ディアーヌ学院に連れていかれ、そこで学ぶことになるが、そこはとても変わった学校で……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ぬばたまおろち、しらたまおろち/白鷺あおい