リア充にもオタクにもなれない俺の青春/弘前龍

リア充にもオタクにもなれない俺の青春 (電撃文庫)
リア充にもオタクにもなれない俺の青春 (電撃文庫)

評価:★★★☆☆
2017年9月刊。
最初はスクールカーストものかな?と思ったのだけど、読んでみると少し違う雰囲気。
どんな集団にも存在する同調圧力の苦しみ。その居心地の悪さに共感してしまう青春小説でした。
軽快なテンポで話が進むのでサクサク読めるし、ヒロインは魅力的。
好きなものに泣けるほどの愛を注ぐオタク女子は可愛いし、自分とは違う価値観を否定せずに受け入れてくれる優しいギャルは天使級に素晴らしい。
・・・・・・なのだけど、主人公だけはどうにも苦手でした。

☆あらすじ☆
リア充は読むな、オタクも読むな。これは俺たちの青春だ!
一奈々子。オタク女子。3ヶ月ごとに「嫁」が変わるタイプの絵師。おどおど小動物系の美少女。口には出さないけど、俺は密かに≪イナゴさん≫と呼んでいる。
上井恵久。リア充女子。カラオケでタンバリン叩いてた人。いつもいい匂いがするクール系の美少女。こっちも口には出さないけど、俺は密かに≪ウェーイさん≫と呼んでいる。
クラスこそ一緒だけど、イナゴさんも、ウェーイさんも、俺とは別世界の住人だ。リア充でもオタクでもない俺は、きっと深いかかわりを持つことなく終わるんだろう。
……そう思っていた。
あの夜、あの公園で、あんな秘密を知ってしまうまでは。
2017年、オタクがメジャーになりすぎた時代。何にもなれない「俺」たちに贈る、新・青春ラノベ開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む リア充にもオタクにもなれない俺の青春/弘前龍