キミは一人じゃないじゃん、と僕の中の一人が言った/比嘉智康

キミは一人じゃないじゃん、と僕の中の一人が言った (ファミ通文庫)
キミは一人じゃないじゃん、と僕の中の一人が言った (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年8月刊。
多重人格の少年と多重人格の少女が織りなす、3×4の賑やかな「多重人格ごっこ」。そこから始まる楽しい時間が、やがて甘くて切ない恋の物語へと変わっていく青春小説です。
コミカルで軽快な文章と、優しさに胸が苦しくなるストーリーの相性が個人的にはすごく好みでした。
軽すぎず重すぎず。甘いけれどほろ苦い。最後は寂しさを含みながらも賑やかに。
絶妙なバランスで成り立っている物語だと思いました。綺麗に終わってるけれど続刊がほしいなぁ。

☆あらすじ☆
彼女の想いを知った後、きっともう一度読み返したくなる――
明るくて人気者で、時折悲しそうに笑う華の実が気になって仕方なくなった。でも、気づかなかったんだ。一緒にいることが、そんなに彼女を追い詰めていたなんて。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む キミは一人じゃないじゃん、と僕の中の一人が言った/比嘉智康