戦うパン屋と機械じかけの看板娘7/SOW

戦うパン屋と機械じかけの看板娘7 (HJ文庫)
戦うパン屋と機械じかけの看板娘7 (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年9月刊。
元軍人の強面パン屋とアンドロイドの看板娘のパン屋物語第7弾。
今回はルートの過去の因縁にまつわるお話。

☆あらすじ☆
スヴェンの前に広がったのは、強盗犯に立てこもるトッカーブロートの姿だった。立てこもり自体はルート(と、突入したスヴェン)によって無事解決したものの、これは最悪の始まりでしかなかった。“善意”の市民団体による抗議活動で客は減少、証人として出頭した裁判所では、ルートが戦時中に行った作戦が槍玉に上げられる。さらに、死んだとルートが思いこんでいたマリーまでも姿を現し、ルートは再び過去の亡霊に悩まされることに……。パン屋を諦めかけた相棒にスヴェンがとった行動とは!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 戦うパン屋と機械じかけの看板娘7/SOW