ウォーター&ビスケットのテーマ1 コンビニを巡る戦争/河野裕・河端ジュン一

ウォーター&ビスケットのテーマ1 コンビニを巡る戦争 (角川スニーカー文庫)
ウォーター&ビスケットのテーマ1 コンビニを巡る戦争 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年9月刊。
「サクラダリセット」「階段島」シリーズの河野裕さんの新作ラノベ(共著?)。
崩壊した世界に放り込まれた少年が、生き残りをかけて他プレイヤーと戦う物語です。
もしも「サクラダリセット」がデスゲームだったらこんな感じかなぁという雰囲気。
込み入ったルールと心理的駆け引きが面白かったし(個人的には理解するのが少し大変だったけれど)、震えながらも生きることに執着する臆病者主人公も好みでした。
まだまだ序章という感じだし、ラストが「ここで終わるのかよ!」っていう悶える切り方だったので次巻が待ち遠しいです。

☆あらすじ☆
『サクラダリセット』コンビが贈る、新たなる青春ファンタジー。
「ヒーローになるつもりですか?」「違う。僕はお姫様になりたい」闘うより、護られたい――臆病であることを誇る高校生・香屋歩と幼なじみの秋穂栞が迷い込んだのは、8月がループする街【架見崎】だった。ここを訪れた人々は任意の特殊能力を与えられ、乏しい物資を巡る戦争を繰り広げていた。だが、ふたりが希望した能力は戦闘の役に立たないもので……。生存戦略に反則はない。ルールブックの穴をつく、臆病者の戦いが始まる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ウォーター&ビスケットのテーマ1 コンビニを巡る戦争/河野裕・河端ジュン一