Occultic;Nine3 -オカルティック・ナイン-/志倉千代丸

Occultic;Nine3 -オカルティック・ナイン- (オーバーラップ文庫)
Occultic;Nine3 -オカルティック・ナイン- (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年9月刊。
アニメ見るの忘れていたこともあって、前巻の内容もうろ覚えなまま読んでみた第3巻。
話自体はほとんど進まなかったような?
それでもジワジワと不気味な空気が作品を包んでいく感覚はやはり楽しかったです。

☆あらすじ☆
「速報! 僕……死んでた!?なんというワロス」
橋上教授の惨殺事件と、井の頭公園での集団自殺。二つの事件で世間が騒然となる中、悠太はニュースで発表された死亡者リストの中から自分の名前を発見してしまう。何かの間違いと笑い飛ばすが、キリキリバサラのメンバー達の名前も次々と発見され、事態は思わぬ方向に――。ダイイングメッセージCODEの暗号、コトリバコと謎の少年、そしてニゴロ事件……。やがて悠太達は事件の真相が教授の研究と関係しているのでは?と推理を始める。女子高生のFBIサイコメトラー捜査官・鬼崎あすなも現れ、事件は核心へと近づいていくが……。
謎が謎を呼ぶ、超常科学NVL第3弾。「――お前の見ている世界は、本物か?」

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Occultic;Nine3 -オカルティック・ナイン-/志倉千代丸

最果てのパラディン4 灯火の港の群像/柳野かなた

最果てのパラディンIV 灯火の港の群像 (オーバーラップ文庫)
最果てのパラディンIV 灯火の港の群像 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2017年9月刊。
不死者に育てられた少年の英雄譚を描く王道ファンタジー第4弾。
今回は短編集です。
私の好きなものが詰め込まれすぎてて最高だった・・・!

☆あらすじ☆
《鉄錆山脈》での死闘と、帰還の後。ウィルを待ちうけていたのは、めでたしめでたしの幸福な日々でなく、おそるべき更なる脅威でもなく……なんてことはない、ありふれた日常の日々だった。
頼れる戦友、剣士レイストフとの友誼と決闘。吟遊詩人ビィと、雪積もる魔法の森での冒険。あるいはいにしえの、無敵の巨人との戦い。そして、灯火の神との祈りと対話。
――これは聖騎士の綴る、ひと冬の日々の記録。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 最果てのパラディン4 灯火の港の群像/柳野かなた

旧暦屋、始めました 仕立屋・琥珀と着物の迷宮2/春坂咲月

旧暦屋、始めました (ハヤカワ文庫JA)
旧暦屋、始めました (ハヤカワ文庫JA)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年9月刊。
天才和裁士の青年・琥珀と着物が苦手な女子大生・八重が、着物にまつわる様々な謎を解き明かしていく連作短編ミステリ第2弾。
今回も着物や日本文化にまつわる様々な薀蓄が語られ、奥が深くてオシャレな和の世界観にワクワクしました。
着物や季節にかけたなぞなぞも、旧暦屋に次々と舞い込むミステリーも相変わらず面白い。この作品は教養と茶目っ気のバランスが最高です。
そして琥珀と八重の恋の行方も気になる本作。
相変わらず琥珀さんの八重への想いは粘着質というかなんというか。着実に囲い込みが進んでる・・・!
それと文体がさらに軽快になった気がします。弾むような語り口が可愛くて癖になります。好きだ〜(*´∀`)

☆あらすじ☆
親元を離れ、奈良で大学生になった八重。それを追うように天才和裁士・琥珀は近くで着物の店“旧暦屋”を開いた。バイトを引き受けた八重と和の知識豊富な琥珀の元には次々と着物を巡る事件が持ち込まれる―人形に隠されたメッセージや模様柄が語る恋の罠、“旧暦屋にない密”の謎…いつも思わせぶりな琥珀に心揺れてしまう八重。古都に恋の花は咲くのか?アガサ・クリスティー賞優秀賞受賞作『花を追え』続篇登場。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 旧暦屋、始めました 仕立屋・琥珀と着物の迷宮2/春坂咲月

ゲーマーズ!DLC/葵せきな

ゲーマーズ! DLC (富士見ファンタジア文庫)
ゲーマーズ! DLC (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年9月刊。
ゲーマーズ!の外伝。
外伝ヒロインとして新キャラの大学生たちを交えての連作短編的な構成でした。
安定したテンポの良さで楽しく読めたけど、これ、続くの!?

☆あらすじ☆
雨野景太、実況者デビュー!? 「ゲーマーズ!」追加コンテンツ!
ゲーム同好会メンバーにはナイショな雨野景太の裏の顔――ゲーム実況者『ジライヤ』。大学生ゲーマー・霧夜歩と過ごす、天道さんには見せられない過激でアダルト(かもしれない)な錯綜ゲーマーライフを収録!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゲーマーズ!DLC/葵せきな

ゲーマーズ!8 星ノ守心春と逆転バックアタック/葵せきな

ゲーマーズ!8 星ノ守心春と逆転バックアタック (富士見ファンタジア文庫)
ゲーマーズ!8 星ノ守心春と逆転バックアタック (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年7月刊。
すれ違いと空回りで暴走するドタバタ多角関係ラブコメ第8弾。
もぉー!!
なんでそういう方向に進んじゃうの!!
今回も面白かったです!(怒)

☆あらすじ☆
「やっと誰もが、一切の分け隔てなく堂々と『恋』ができるわね」
お互いの関係を白紙に戻した雨野&天道。そんな隙を突かんと、ここぞとばかりに雨野へ卑猥行為を続けるエロゲマニアだが……「折角だから、そのエロい慰め方とやらをして貰おうかな、コノハさん」雨野ついに陥落!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゲーマーズ!8 星ノ守心春と逆転バックアタック/葵せきな

ゴブリンスレイヤー6/蝸牛くも

ゴブリンスレイヤー6 (GA文庫)
ゴブリンスレイヤー6 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年9月刊。
始まりから1年が経ち、変わったものと変わらないものが描かれる第6巻。
今回はゴブスレさんの内面にいつもより一歩踏み込んだ感じで面白かったです。

☆あらすじ☆
「ゴブリンを退治したい、それ以外はしたくない、と言っていて……」
「一党は?」
「ないみたいです」
「馬鹿げている」
新たな冒険者希望者の集まる春。ゴブリン退治だけを希望する魔術師の少年が受付嬢を困らせていた。
一方、辺境の街から少し離れた場所に、冒険者訓練場が建設中。そこには、かつて村があったことを、ゴブリンスレイヤーは知っていた――。
「ゴブリンをぶっ殺すんだ!」
少年魔術師らと一党を組むことになったゴブリンスレイヤーたちはゴブリンの跋扈する陵墓へと向かう。
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第6弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゴブリンスレイヤー6/蝸牛くも

ゴブリンスレイヤー5/蝸牛くも

ゴブリンスレイヤー5 (GA文庫)

ゴブリンスレイヤー5 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年5月刊。
ゴブリンだけを倒し続ける冒険者の戦いを描いたダークファンタジー第5弾。
ゴブリンばかり相手にしていて話にバリエーション作れるのか?と少し不安になってきたかも。
ただ、変化を感じる部分もあったし、話の面白さ自体は安定していると思います。

☆あらすじ☆
「…………取り戻さないと」
「……何を、ですかな」
「すべてを。喪った物を、すべて」
ゴブリン退治から消息を絶った令嬢剣士を探して欲しい――剣の乙女の依頼を受けて、北方の雪山に向かうゴブリンスレイヤーたち一行。しかし、襲撃される寒村、謎の礼拝堂、今回のゴブリンの群れに違和感を覚えるゴブリンスレイヤー。
「……学習した、だと?」
仲間の痛手を越えて洞窟探索を終えた一行は、あるものを見つける。
「外なる、智恵の神。覚知神……」
何者かに統率されたゴブリンの巣くう古代の砦にゴブリンスレイヤーたちが挑む!
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第5弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゴブリンスレイヤー5/蝸牛くも

なんちゃってシンデレラ3 王宮陰謀編 なんちゃってシンデレラ、はじめました。/ 汐邑雛

なんちゃってシンデレラ 王宮陰謀編 なんちゃってシンデレラ、はじめました。 (ビーズログ文庫)
なんちゃってシンデレラ 王宮陰謀編 なんちゃってシンデレラ、はじめました。 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年4月刊。
王宮陰謀編完結。
アルティリエ暗殺未遂事件から始まる陰謀劇の真相が明らかになる第3巻。
ここにきて一気に面白くなってきました〜
正直前巻までは設定過多としか思えなかったのだけど、その全てに意味があったのだと理解。
ぎっちり詰め込まれた設定と、主人公が巻き込まれた陰謀劇が噛み合えばここまで面白くなるのかぁ。
世界観を一歩掘り下げた展開も楽しい。
次巻から始まる新章も期待しています!

☆あらすじ☆
転生幼妻、夫の胃袋より先に――真相つかんじゃいました!?
夫ナディルの遠征中、アルティリエの侍女リリアが攫われた!
一連の事件の鍵を握る人物からの呼び出しだと悟ったアルティリエは、自作の菓子と【夫の手紙】をお守りに「絶対出るな」と言われた王太子宮を抜け出すことに。そんな彼女の前に現れた驚きの人物とは……!?
アルティリエ出生の秘密も明らかに!?
元お菓子職人(パティシエール)転生幼妻の餌付け計画第一章クライマックス!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む なんちゃってシンデレラ3 王宮陰謀編 なんちゃってシンデレラ、はじめました。/ 汐邑雛

茉莉花官吏伝 皇帝の恋心、花知らず/石田リンネ

茉莉花官吏伝 皇帝の恋心、花知らず (ビーズログ文庫)
茉莉花官吏伝 皇帝の恋心、花知らず (ビーズログ文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年7月刊。
「おこぼれ姫と円卓の騎士」の石田リンネさんの新作。
「ちょっと物覚えがいい」というチート持ち少女が、皇帝との出会いをきっかけに持ち腐れ状態だった宝の使い方を知り、自分の才能を開花させていく中華風ファンタジーです。
少女の立身出世物語の序章という感じ。これ1冊で綺麗に終わってはいるけれど、シリーズ化すればどんどん面白くなっていきそう。
前半は主人公の過剰な卑屈さにモヤっとしたのだけど、それを吹き飛ばす後半の爽快感は好みでした。

☆あらすじ☆
優しい笑顔と声の皇帝に(官吏として)寵愛されています!?
後宮の女官の茉莉花(まつりか)は『物覚えがいい』というちょっとした特技がある。
そんな彼女は、名家の子息のお見合い練習相手を引き受けることに。しかしその場にきたのは、お見合いをしてみたかったという皇帝・珀陽(はくよう)で!?
しかも茉莉花の特技を気に入った珀陽は「とりあえず科挙試験に合格してきて」と言い出し……!?
皇帝に見初められた少女の中華版シンデレラストーリー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 茉莉花官吏伝 皇帝の恋心、花知らず/石田リンネ