境域のアルスマグナ3 紅蓮の王と幽明境の君/絵戸太郎

境域のアルスマグナ3 紅蓮の王と幽明境の君 (MF文庫J)
境域のアルスマグナ3 紅蓮の王と幽明境の君 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年8月刊。
新米の「王」と嫁のラミアが活躍するバトルファンタジー完結巻。
カップルがたくさん出てくるところが好きなラノベだっただけに3巻完結は残念でした。
でも伏線は綺麗に回収しているし物語としては満足。
次回作も期待してます!

☆あらすじ☆
混沌と騒乱を愛する、無貌の影――《幽明境の君》ダビド・パピヤス。
《継ぎ接ぎ公爵》レオ・フランケンシュタインを退けた怜生。それを期に連盟は、妖精人の国を建立する計画を本格始動させる。一方〈青の医術師団〉が世界的な糾弾の対象となり、その騒動を衝いて人造人間(ホムンクルス)の少女たちが脱走を果たす。彼女たち、イロハ、ニイナ、サクヤは自分たちの夢を叶えるため〈緋の龍王〉に戦いを挑むのだが――。さらに、既にこの世に存在しないはずの人物までもが、怜生の前に姿を現す。誰もが夢を憧れを願いを抱き相対する黄金巨樹の上、怜生と花蓮は理想郷に至るのか!? 超絶過激な魔王の狂宴、再び誓いの言葉を交わす第三幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 境域のアルスマグナ3 紅蓮の王と幽明境の君/絵戸太郎

死にたがりビバップ -Take The Curry Train !-/うさぎやすぽん

死にたがりビバップ -Take The Curry Train !- (角川スニーカー文庫)
死にたがりビバップ -Take The Curry Train !- (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年8月刊。
第22回スニーカー大賞「特別賞」受賞作。
自殺志願者が集まる寝台特急を舞台に、変人どもが酒を飲んでは管を巻き、カレーを食べては舌鼓を打ち、ピンチが起これば大騒ぎ!という群像劇コメディ。
熱いカレー推しラノベでした。カレー食べたい。
全体的にシュールを突き進む感じで、とっちらかった内容を勢いでまとめてフワッと仕上げたみたいな印象でした。
もう少し詰めて描いてほしかった・・・という点は多々あるのだけど、会話劇のノリが好みで読んでる間は楽しかったから満足です。

☆あらすじ☆
「生きる意味がない」と嘆く完璧主義者は、納得いく死に場所を求め〈寝台特急ボンディ〉に乗車する。
それは余生を謳歌する、穏やかな旅になる――はずだった。
酔いどれの旧友、メイドに扮した麻薬捜査官、ギャングの可憐な跡取り娘、爆弾をまとう元恋人……旅は道連れ、ギャングも乗り込み銃弾飛び交うバカ騒ぎへと突入する!!
不器用な自殺志願者たちの奏でる、熱烈な群像劇を召し上がれ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 死にたがりビバップ -Take The Curry Train !-/うさぎやすぽん

絶対城先輩の妖怪学講座10/峰守ひろかず

絶対城先輩の妖怪学講座 十 (メディアワークス文庫)
絶対城先輩の妖怪学講座 十 (メディアワークス文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年8月刊。
先輩と礼音が交際スタートさせた第10巻。
付き合いたてカップルが醸し出す気恥ずかしさがとても美味しい・・・!
予言にまつわる妖怪たちの謎を追っていくストーリーも安定の面白さでした。

☆あらすじ☆
四十四番資料室の怪人・絶対城が紐解く伝記ミステリ、待望の第10弾!
『白澤(はくたく)』に襲撃された狐からの情報を受け、警戒を強める絶対城たち。そんな中迎えた夏休み。つきあって初めての長期休みにもかかわらず、礼音は一人、牧場で短期のアルバイトに励んでいた。
優しい夫妻が営む牧場を気に入る礼音だが、いるはずのない子供の影を見てしまう。心細さを感じつつ、休日に近くの川で水浴びをしていると、そこには礼音を心配した絶対城の姿が。二人は牧場主夫妻の発言に疑いを持ち始め──?
“予言”に纏わる妖怪たちの謎に迫る第10巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 絶対城先輩の妖怪学講座10/峰守ひろかず

弥栄の烏(八咫烏シリーズ6)/阿部智里

弥栄の烏 八咫烏シリーズ6
弥栄の烏 八咫烏シリーズ6【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年8月刊。
和風ファンタジー・八咫烏シリーズ第6弾。
前巻「玉依姫」の八咫烏サイドのお話ですね。1・2巻と同じ構成だけど、「玉依姫」の補完という側面が強いかも。
「玉依姫」の段階でかなり酷いことになってる感じだったので覚悟していたけれど、八咫烏視点だとまぁ苦い苦い・・・・・・
そして真赭の薄、ほんと好きです。
完結巻と帯にはあるけれど、たしかこれって第一部完だったはず。次はどんな話になるのでしょうか。

☆あらすじ☆
八咫烏の一族が支配する異世界・山内。
「うつけ」の若宮と「ぼんくら」近習の少年・雪哉という若き主従の活躍を中心に、賢く華やかな宮廷の姫君、若宮を取り巻く護衛の青年たちが繰り広げる、お妃選びと権力争い、友情と断絶、成長と再生を描いた壮大な和風ファンタジー。
一冊ごとに表情を変えながら読者を魅了、80万部を突破したこの物語の第一部完結篇「弥栄の烏」は、主人公・雪哉の弟が武官訓練所である剄草院に入学準備する場面から。その実力を認められ、全軍の参謀役にまでなった雪哉、敵対する勢力を抑えて朝廷の実権を掌握した若宮が治める山内を大地震が襲い、開かれた禁門の扉の向こうには、山内を恐怖に陥れた「人喰い大猿」が現れた。
ついに始まった、猿と八咫烏の最終決戦。若宮は名前を取り戻し、真の金烏となれるのか。山内は栄えるのか、それとも滅びに向かうのか――

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 弥栄の烏(八咫烏シリーズ6)/阿部智里

筺底のエルピス5 迷い子たちの一歩/オキシタケヒコ

筺底のエルピス5 -迷い子たちの一歩- (ガガガ文庫)
筺底のエルピス5 -迷い子たちの一歩- (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2017年8月刊。
待ちに待っていたSF鬼退治シリーズ第5弾!
第四話「標なき道」の開幕編ということで内容的にはまさにプロローグ。
これまで疑問を挟む余地(余裕)がなかった前提を直球でガシガシと揺さぶってくる展開、これぞまさにSFって感じですね!たのしい!!
そして前巻ラストの絶望感に心が死んだ私としては今回の話に泣くしかありません。
本当に今回は人間ドラマが最高すぎて・・・・・・

☆あらすじ☆
癒やせぬ傷を抱え、狩人たちは前を向く。
殺戮因果連鎖憑依体――
古来より『鬼』や『悪魔』と呼ばれてきたその存在は、感染する殺意であり、次元の裏側から送り込まれた人類絶滅のプログラム。
だが、その脅威に立ち向かうべき狩人たちは、断絶を経た長い歴史の結果として、不毛な衝突を続けていた。
白い鬼の出現によって口火が切られた組織間抗争こそ無事終結したものの、未来を切り捨てる戦の果てに、多くの者が傷つき、道を見失う。
背負う重責に震える者。慢心の罠に陥る者。無能さを悔やむ者。自身との軋轢に苦しむ者。欲望へと走る者。救いたい者を救えぬ者。そして地獄から流れ着き、独房でひとり、静かな狂気に沈もうとする者。そんな彼らを立ち上がらせるのは、はたして誰による、いかなる選択なのか。
新たなる鬼の脅威。秘密の開示の先に待つ、太古の闇。
時を超える旅によって増殖し、この世にふたり存在することになった乾叶を渦の中心として、歴史の背後に潜んでいた数多の謎も浮上を始める。
残酷な運命に抗うべく、傷だらけの迷い子たちがそれぞれ踏み出す、新たな一歩とは。
人類の存亡をかけた、影なる戦士たちの一大叙事詩。再起と転換の第5弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 筺底のエルピス5 迷い子たちの一歩/オキシタケヒコ

おこぼれ姫と円卓の騎士17 新王の婚姻/石田リンネ

おこぼれ姫と円卓の騎士 17 新王の婚姻 (ビーズログ文庫)
おこぼれ姫と円卓の騎士 17 新王の婚姻 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年7月刊。
ビーズログ文庫の人気作「おこぼれ姫」シリーズの完結巻。
いやぁ、ついにここまできた!という感慨が深い最終巻でした。色々と。
国を割る内乱がクライマックスだっただけに苦い部分もあったけれど、最後は大団円といっていいのではないでしょうか。
とても満足しました!
石田リンネ先生の新作は既に発売され積んでいるので、そちらも早めに読みたいと思います。

☆あらすじ☆
全ての決着がここに。最強女王伝説――その始まりの物語、ついに完結!!
将来自分が女王になることを“知って”いたレティーツィア。
だけど、いつ、どんな理由でその日が来るかは知らなかった。
王の素質を備えたフリートヘルムを王座に担ぎ上げるべく、軍師ゼノンが引き起こしたクーデターへの反撃の準備は整った。
争いが続けば必ず犠牲が出ることを心に刻み、レティは己の元に集った王の専属騎士(ナイツオブラウンド)と王都奪還を目指す! ――圧巻の最終巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む おこぼれ姫と円卓の騎士17 新王の婚姻/石田リンネ

花冠の王国の花嫌い姫5 クロサンドラの聖人/長月遥

花冠の王国の花嫌い姫5 クロサンドラの聖人 (ビーズログ文庫)
花冠の王国の花嫌い姫5 クロサンドラの聖人 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年7月刊。
花粉症に悩む大国の姫と気は優しくて力持ちな小国の王太子の政略結婚ラブロマンス第5弾。
結婚ラブものだったはずが3巻あたりから戦記っぽくなり、今回もなんだかすごく戦記みを感じる内容でした。
少女小説は内政系が多いから、こういう各国・各勢力の思惑が錯綜する展開はとても良いと思う!

☆あらすじ☆
花粉症が世界を救う――日も近い!? 涙と鼻水の花粉症姫奮闘活劇第5弾!
大砂漠帝国皇帝の実兄による謀反が発覚! 名義上まだ皇帝の妻であるフローレンスは、病弱設定(@花粉アレルギー)を口実に、護衛役のイスカと兄の領地へ保養に行かされることに。折しもその日はイスカの誕生日。帝国のお家事情に巻き込まれながらも二人は束の間の一時を楽しむ。だがそこに、故国エスカ・トロネアを陥れたい正教会の人間が取引を持ちかけてきて!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 花冠の王国の花嫌い姫5 クロサンドラの聖人/長月遥

カスミとオボロ2 春宵に鬼は妖しく微笑む/丸木文華

カスミとオボロ 春宵に鬼は妖しく微笑む (集英社オレンジ文庫)
カスミとオボロ 春宵に鬼は妖しく微笑む (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年7月刊。
大正の世に鬼神を蘇らせた華族令嬢のあやかし事件簿第2弾。
今回もほの暗くて耽美な雰囲気がとても好みでした。
登場する愛情の形はどれも歪んでいるんだけど、朧の香澄に対する執着が一番美味しいw
恋も愛もわからない香澄はいつか朧を受け入れてくれるのでしょうか(受け入れて良いのか?)
3巻も楽しみです。

☆あらすじ☆
時は大正。妖力を持つ一族に生まれた華族令嬢の香澄は、古の鬼神悪路王を蘇らせ、朧と名付けて使役鬼としている。
ある時、同級生の初江に誘われてチャリネ(サーカス)を見に行った二人は、不思議な術を使う男・花月と出会う。自我を失くしたように花月に付き従うチャリネの踊り子たち。さらに初江も花月に心を奪われて…。
人の心に巣食う鬼たちのあやかし事件簿。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む カスミとオボロ2 春宵に鬼は妖しく微笑む/丸木文華

契約結婚はじめました。 椿屋敷の偽夫婦/白川紺子

契約結婚はじめました。 ~椿屋敷の偽夫婦~ (集英社オレンジ文庫)
契約結婚はじめました。 ~椿屋敷の偽夫婦~ (集英社オレンジ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年5月刊。
椿屋敷に住む「若隠居」と、その仮初の妻が、家に持ち込まれる様々なトラブルに関わっていくという日常ライトミステリー。
「家」が語り手となる風変わりな構成がコミカルで楽しかったです。
契約結婚をしている若隠居夫妻の距離感にニマニマしたし、血のつながりの有無と「家族」に対する割り切れない感情が込められたエピソードの数々が面白い作品でした。
若隠居の方の問題がしっかりとは解決していないのでシリーズ化に期待!

☆あらすじ☆
寿町四丁目にある通称<椿屋敷>。そこに住む柊一は、若くして隠居暮らしをしているため、若隠居と呼ばれている。そんな彼のもとに嫁いできた、19歳の香澄。しかしそこには秘密があった。ふたりは利害の一致から結婚した、偽装夫婦なのだ。町の相談役である柊一のもとには、たびたび近所から相談が持ち込まれるが――。「家」が語る、わけありな人々の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 契約結婚はじめました。 椿屋敷の偽夫婦/白川紺子