ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア8/大森藤ノ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア8 (GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア8 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年4月刊。
ロキ・ファミリアの嫌われ狼・ベート回。
私の中でベートへの好感度が限界突破した巻でした。
ベートさん、そんな気配はあったけれど、ちょっと私の好みにどストライクすぎやしませんか・・・!

☆あらすじ☆
これは、もう一つの眷族の物語―【剣姫の神聖譚】―
「言っただろ、雑魚は足手纏いだってな」
人造迷宮撤退を受けて死者にさえ嘲笑を向けたベートは派閥から孤立するが……
「いたぁー! ベート・ローガ!」
突如アマゾネスの少女レナから猛烈な求愛により、なし崩し的に同居生活が始まってしまう! 彼女との交流が『牙』にまつわる記憶を喚起させ、己の過去と向き合うことになる。一方、その裏で静かに暗躍する死神の眷族達。仲間を奪った凶刃が今、再びベートのもとに迫ろうとしていた――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア8/大森藤ノ