自殺するには向かない季節/海老名龍人

自殺するには向かない季節 (講談社ラノベ文庫)
自殺するには向かない季節 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年5月刊。
第6回講談社ラノベ文庫新人賞「大賞」受賞作。
なんだろう、今の気分的に妙に刺さってくるこの感じ。
自分の不用意な一言で同級生の女の子を自殺に追いやってしまった少年が、タイムスリップして過去に戻る物語。
この展開、過去に戻った主人公はヒロインを助けに行くと思うじゃないですか? そんなことはなかった。
ひたすらダウナーで憂鬱な雰囲気で綴られるのは、繊細すぎてフラっと消えてしまいそうな少年と少女が生と死を見つめ続ける暗い青春の日々。
このテンションの低さと死生観、正直とっても好きですね・・・・・・

☆あらすじ☆
永瀬はある朝、同じクラスの生徒、雨宮翼が列車に飛び込む瞬間を目撃してしまう。なぜ死を選ぶのかその理由を考えるが答えは出ない。そんな永瀬は友人の深井からあるカプセルを渡される。それはとても小さなタイムマシンなのだという。半信半疑ながらその日の夜にカプセルを飲んだ永瀬が目覚めると、二週間以上も過去に戻っていた! そして永瀬は、雨宮と雨の屋上で出会うのだが――青春を鮮烈な筆致で描く<大賞>受賞作が登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 自殺するには向かない季節/海老名龍人