新宿コネクティブ1/内堀優一

新宿コネクティブ1 (HJ文庫)
新宿コネクティブ1 (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年5月刊。
新宿の街を舞台に、掃除屋稼業を手伝う平凡な高校生が様々なトラブルを関わっていく物語。
連作短編形式で軽く楽しめる読み心地の作品でした。
「平凡(自称)」という紹介文を見て「はいはいまた自称普通の高校生ね」と思っていたのだけど、本当に彼自身はいたって平凡な高校生。
しかしある一点において確かに非凡。あ、JKの有能ストーカーを飼ってる(語弊)ところも非凡か!

☆あらすじ☆
新宿に複数存在する、おかしな都市伝説。その中のひとつである【依頼遂行率100%の何でも屋】に下宿している男子高校 生・佐蛹慶介<ささなぎけいすけ>は、今日も家主である蔵祭平三郎<くらまつりへいざぶろう>とともに、新宿で起こる数々の事件解決に奔走していた。とびきり優秀かつ超個性的な新宿の面々に囲まれながら、平凡を自称する慶介。だが、新宿に住む者は皆、口を揃えて言う。――――本当に凄いのは、慶介なのだと。人脈<コネ>の力で人も事件も世界も回す、新宿系エンタメミステリー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 新宿コネクティブ1/内堀優一