トリア・ルーセントが人間になるまで/三田千恵

トリア・ルーセントが人間になるまで (ファミ通文庫)
トリア・ルーセントが人間になるまで (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年4月刊。
父王を助けるために「ルーセント」と呼ばれる薬を手に入れる極秘任務を担った王子と、「ルーセント」を名乗る少女のボーイ・ミーツ・ガール。
人ではない「薬」として扱われてきた人間味の薄い少女が、主人公との旅の中で少しずつ「人間」へと変わっていく姿が感動的な作品でした。
「ルーセント」という設定は面白かったし、他の要素も悪くはなかったのだけど、なんだろう、設定を凝った割には全体的にこじんまりとまとまったなっていう感じが少しあるかも。

☆あらすじ☆
その身に救済を宿した少女の運命を描く、ドラマチックファンタジー!
病に伏した父を治す秘薬を手に入れるため、兄の特命によりサルバドールとの取引に臨んだジンドランの第二王子ランス。そこに現れたのは、抜けるような白い肌と銀色の髪、深く青い瞳を持つ美しい少女トリア・ルーセントだった。自らを「薬」と名乗る彼女とともに王都マキシムを目指すランスだが、トリアの護衛であるロサに「トリアに恋をさせて欲しい」と懇願され――!?
その身に救済を宿した少女トリアと小国の王子が辿る、ドラマチックファンタジー開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む トリア・ルーセントが人間になるまで/三田千恵