明治あやかし新聞 怠惰な記者の裏稼業/さとみ桜

明治あやかし新聞 怠惰な記者の裏稼業 (メディアワークス文庫)
明治あやかし新聞 怠惰な記者の裏稼業 (メディアワークス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
第23回電撃小説大賞「銀賞」受賞作。
古い時代と新しい時代が混ざり合う明治九年の東京を舞台に、妖怪にまつわる記事を書く新聞記者と、彼を見返すために裏稼業の手伝いを名乗り出た少女が、様々なトラブルを妖怪のせいにしながら解決していく物語です。
新しさを取り入れていく時代でありながら、迷信深さの残る人々のアンバランスさが面白い作品でした。
キャラもなかなか立っていてよかったし、シリーズ化するなら続きも読みたいと思います。

☆あらすじ☆
ぞわっとして、ほろりと出来る。 怠惰な記者のあやかし謎解き譚。
日がな一日サロンで惰眠を貪る日陽新聞社の記者、久馬。そんな彼も好奇心が疼けば記事を書く。傍に用意するのは、怪談奇談に妖怪本。彼が書く記事は全て妖怪にまつわるものなのだ。ある春の日、少女が新聞社へ乗り込んできた。彼女の名は香澄。久馬の記事が原因で、友人が奉公先を追い出されたのだという。冷たい対応の久馬に代わり香澄に声を掛けたのは、妖美な男・艶煙。曰く、むしろ妖怪記事は人助けになっており、友人は貞操の危機を免れたのだというが!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 明治あやかし新聞 怠惰な記者の裏稼業/さとみ桜