ゼロから始める魔法の書9 ゼロの傭兵(上)/虎走かける

ゼロから始める魔法の書IX -ゼロの傭兵〈上〉- (電撃文庫)
ゼロから始める魔法の書IX -ゼロの傭兵〈上〉- (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年4月刊。
美貌の魔女と獣の傭兵の旅を描く王道ダークファンタジー第10弾。
ついに目的地に到着!
・・・・・・のはずが、なんだかプロローグが不穏。そしてラストの衝撃。
ああ、なんという展開に・・・!

☆あらすじ☆
救うべき“代行様”に関する真実とは!? 北の大地にたどり着いたゼロと傭兵に衝撃の展開が待ち受ける!
〈禁書館〉で下した悪魔“万里を掌握せし千眼の哨”の力で道の先を警戒し、北のノックス大聖堂へとたどり着いたゼロと教会騎士団一行。悪魔と天才魔女のおかげで行軍は順調に進み、隊長のジェマをはじめ、騎士団のゼロたちへの意識は変わりつつあった。ノックス大聖堂の主教様へのお目通りにジェマが向かう間、傭兵たちは混乱を招かぬよう街の外で待機することに。しかし、血相を変えて戻ってきたジェマが告げたのは、救うべき“代行様”に関する真実だった。一方ゼロは、教会騎士団を無事送り届け任務が完了したことで、改めて師匠の元へと向かおうとしていた。既に居場所も把握しており出発しようとすると、思いがけず、主教と面会の機会が設けられる。それを快く思わない近衛騎士隊長のオルルクスは、なにやら不穏な動きを見せるのだが……。つかの間の平穏を楽しむ傭兵に、魔女であることを思い悩むゼロが告げたのは──。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゼロから始める魔法の書9 ゼロの傭兵(上)/虎走かける