やがて恋するヴィヴィ・レイン2/犬村小六

やがて恋するヴィヴィ・レイン 2 (ガガガ文庫)
やがて恋するヴィヴィ・レイン 2 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年1月刊。
謎のヴィヴィ・レインを探す青年が主人公の、恋と会戦の物語第2弾。
英雄譚の色合いが強くなり、また、青春小説としても盛り上がってきました。
ここからどんな物語になっていくのか、とても楽しみです!

☆あらすじ☆
飛空士の犬村小六による超話題作、第2巻!
近衛連隊を追われたルカは放浪の末、リヴァノヴァ皇帝の侍女の子である旧友ジェミニとの再会を果たす。昔の借りを返すためジェミニの庇護下に入ったルカだが、ジェミニの思惑はルカの想像を遙かに超えて、ガルメンディア王国を揺るがす大事件が勃発する……。「災厄の魔王」ルカと「褐色の皇帝」ジェミニ。一千年にひとりと称される巨大な軍事的才能が、眩いばかりの才能と才能の相克を世界史に刻む。そして王女ファニアもまた、自らの意志により歴史の表舞台へ……。
「いつかこの国で革命を起こす。きみにもう一度、会うために」。
第1巻の発売直後から早くも話題沸騰の評判作品、加速する恋と会戦の物語、早くも第2巻が登場です!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む やがて恋するヴィヴィ・レイン2/犬村小六