セブンキャストのひきこもり魔術王3/岬かつみ

セブンキャストのひきこもり魔術王3 (ファンタジア文庫)
セブンキャストのひきこもり魔術王3 (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年12月刊。
一人七役な引きこもり魔術師の魔法学園ファンタジー第3弾。
今回はなかなかSFでファンタジーな展開が面白かったです。やっぱり時間系能力者は強いなぁ。

☆あらすじ☆
七詠唱〈セブンキャスト〉が奪われた! 魔術王、絶体絶命!?
ブランの分身魔術を進化させたアンジェの化身「四魔王」との激闘から一夜明け、へとへとのブラン。にも関わらず、デュセルからは相変わらずデートの誘いが! だが、そんなひきこもり魔術王の命を狙う刺客が現れ――

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む セブンキャストのひきこもり魔術王3/岬かつみ

後宮に星は宿る 金椛国春秋/篠原悠希

後宮に星は宿る 金椛国春秋 (角川文庫)
後宮に星は宿る 金椛国春秋 (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年12月刊。
面白かった!
理不尽な法によって一族を奪われた少年が、生き延びるために女装して後宮に紛れ込むという中華風ファンタジー。
見つかれば殺される命がけの状況のなかでも、人への思いやりを忘れない優しい主人公にとても好感が持てます。
薬膳ものとしても面白いし、敵地のなかで正体がバレるか否かのハラハラ感も最高。
続きがありそうな終わり方だったので、シリーズ化が楽しみです。

☆あらすじ☆
大陸の強国、金椛(ジンファ)帝国。貴族である星家の公子、遊圭は、ひとり闇夜を逃げ惑っていた。皇帝が崩御し、叔母が皇后に選ばれ……。「天皇に外戚なし」の法のもとに、星家は一族すべて殉死を命じられたのだ。一家の療母(薬師)、胡娘(コジョウ)の助けにより、一人逃げ延びた遊圭は、町娘の明々に出会う。明々はかつて遊圭に救ってもらったことを恩に感じており、遊圭を匿ってくれた。その矢先、明々の後宮への出仕が決まる。再びの絶望的状況に、明々はからりと言う。「あんたも、一緒に来るといいのよ」――かくして、小柄で女子にも見える体躯を生かし、少年・遊圭は後宮へ出仕することに。しかし美貌の宦官・玄月に正体を疑われ……。つぎつぎと襲いかかる試練に、対抗できるのは己の知恵と仲間だけ。理不尽すぎる世の中で、少年は生き抜くことができるのか。傑作中華風ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮に星は宿る 金椛国春秋/篠原悠希