戦うパン屋と機械じかけの看板娘6/SOW

戦うパン屋と機械じかけの看板娘6 (HJ文庫)
戦うパン屋と機械じかけの看板娘6 (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年1月刊。
新章のプロローグって感じかな?
なかなか不穏な雰囲気が漂い始めていて、今後の展開が楽しみです。

☆あらすじ☆
エウロペアの聖女を讃える聖誕祭を年末に控えたオーガンベルツ。お祭りの夜に街にやってくるという、良い子にプレゼントを配る「聖女」と悪い子を連れ去ってしまう「悪魔」。この2役の仮装をすることになったスヴェンとルート。新しいお菓子作りと仮装に奔走する2人の「聖誕祭」の話。その他「魔導師」ダイアン・フォーチュナーの秘密に迫る話、「お嬢様予備校」と呼ばれる士官学校に編入されたヒルダの話、の3編を中心にゲーニッツの反乱後のキャラクター達を描いた人気シリーズ6作目!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 戦うパン屋と機械じかけの看板娘6/SOW

夜葬師と霧の侯爵 かりそめ夫婦と迷宮の王/白川紺子

夜葬師と霧の侯爵 かりそめ夫婦と迷宮の王 (コバルト文庫 し 17-12)
夜葬師と霧の侯爵 かりそめ夫婦と迷宮の王 (コバルト文庫 し 17-12)

前作の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年1月刊。
「公爵夫人は銀灯師」「雪侯爵の銀灯師」に続く世界観共通連作シリーズ第3弾。今回も前作までを知らずとも問題ない読み切り仕様です。
悪い魔法使い的なポジションだった夜葬師をメインとする偽装結婚もの。
仇同士で出会ったふたりの恋も良かったけれど、最後のほろっと切なくなる読後感が素敵でした。

☆あらすじ☆
闇を操る魔物と言われている“夜葬師”に育てられた人間の少女オフェリア。育て親が姿を消した後、森で一人暮らす彼女の前に、領主の侯爵ルドヴィークが現れ、自分の呪いを解くように迫るが……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 夜葬師と霧の侯爵 かりそめ夫婦と迷宮の王/白川紺子