運のいい日/バリー・ライガ

運のいい日 (創元推理文庫)
運のいい日 (創元推理文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年12月刊。
「さよなら、シリアルキラー」シリーズ三部作の前日譚となる短編集。
すごく良かったです。
父親の呪縛に怯えつつも平穏な時間を過ごしていたジャズ、ジャズに惹かれる中で彼の境遇を知るコニー、本編よりもさらに内心が垣間見えるけれどブレないハウイー。やっぱりこの三人組が大好きだ!と改めて思いました。
そして表題作のG・ウィリアムの苦悩と足掻きもすごく読み応えあり。
期待以上に楽しめた短編集でした。このシリーズ、ほんとに最高!

☆あらすじ☆
21世紀最悪の連続殺人犯の息子、ジャズことジャズパー。父が捕まったのち、普通の高校生活を送っていたジャズと、ガールフレンド、コニー、ジャズの親友ハウィーそれぞれを主人公にした短編に、田舎町ロボズノッドで発生した若い女性の惨殺事件を解決すべく奔走する保安官G・ウィリアムズの物語「運のいい日」の四編を収録。センセーションを巻き起こした〈さよなら、シリアルキラー〉三部作の前日譚の、日本オリジナル短編集。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 運のいい日/バリー・ライガ