セレクション3 永遠交響曲/キーラ・キャス

セレクション III 永遠交響曲 (ポプラ文庫)
セレクション III 永遠交響曲 (ポプラ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

1巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年12月刊。
王子の花嫁を選ぶ「セレクション」で戦う少女を描いたディストピア小説三部作の完結巻。
状況に流されるのを良しとせず、自分の人生を自分で選ぼうとする主人公の行動に散々ハラハラさせられる作品でした。でもとっても面白かった!
三角関係も決着。悔しくない。悔しくないよ・・・!

☆あらすじ☆
全国の少女からプリンセスを選ぶ「セレクション」。 階級制の撤廃を訴え国民の支持を得たアメリカだったが、宮殿内は敵だらけで、王子・マクソンとも距離を縮められずにいた。 反対勢力を鎮圧すべく、アメリカは元恋人・アスペンの力を借り、マクソンとともに敵の本拠地に乗り込むが、彼女を待っていたのは、最愛の人物との悲しい別れだった。 マクソンは誰を、アメリカは何を選ぶのか? 感動の完結篇!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む セレクション3 永遠交響曲/キーラ・キャス