セレクション1 片恋協奏曲/キーラ・キャス

([き]3-1)セレクション I 片恋協奏曲 (ポプラ文庫)
([き]3-1)セレクション I 片恋協奏曲 (ポプラ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年10月刊。
これは「シンデレラ・ストーリー」ではあるけれど、選ばれるのを待つだけの受け身なシンデレラではありません。
自分の人生は自分で選んでみせる! という気概のあるシンデレラなのです。

物語の主人公は、王子妃を選ぶセレクションに参加し、王子への淡い恋と元彼への未練で心を揺らす庶民の少女。
状況に流されず「自分らしさ」を貫こうとする彼女は、セレクションの先に何を選び取るのか。
その選択を見届けたくなる、王道にして刺激的なラブロマンスです。

近未来を舞台にしながら中世的な雰囲気を醸す世界観も魅力的。
厳格な身分制や反乱組織の存在が物語をシリアスに引き締め、その影に見え隠れする謎には好奇心をそそられました。

今後の展開に期待が高まる三部作の序章。この続きがとても楽しみです。

 

ちなみに、気になる方はAmazon商品ページに掲載されているイラストをチェックしてみるのも良いと思います。巻末掲載のあとがきです。

([き]3-1)セレクション I 片恋協奏曲 (ポプラ文庫)

表紙絵師さんが作品の魅力(というか萌えポイント)をイラストでわかりやすく紹介されていて、メイン3人のキャラクターを把握するのに丁度良いですよ。ネタバレは控えめ。
このあとがき、絵師さんの萌えポイントが私の萌えたポイントを網羅していて、わかるー!それわかるー!!ってブンブン頷いてました。ほんとわかるー!

☆あらすじ☆
少女たちが王子を巡って闘う、まったく新しいシンデレラ・ストーリー!
厳格な身分制が支配する近未来の王国を舞台に、全国から集められた少女たちが王子の心とプリンセスの座を巡って熾烈なバトルを繰り広げるイベント、「セレクション」。
およそ20年ぶりに開催されることが決まり、ひょんなことから超庶民・アメリカが候補者に選ばれてしまう。失恋したばかりの彼女は半ばヤケクソで王宮に向かうが、そこで待っていたのは、変わり者の王子と――超個性的なライバルたち!
厄介な元カレが現れるわ、王国の黒い陰謀に巻き込まれるわで、こんなの、全然「プリンセス」じゃない! 乙女の闘いを勝ち残り、プリンセスになるのは誰だ――? そして、厄介な三角関係の結末は――?
女性も男性も胸キュン&ハラハラ間違いなし、超肉食系シンデレラ・ストーリー三部作、お見逃しなく!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む セレクション1 片恋協奏曲/キーラ・キャス