鳥居の向こうは、知らない世界でした。 癒しの薬園と仙人の師匠/友麻碧

鳥居の向こうは、知らない世界でした。 癒しの薬園と仙人の師匠 (幻冬舎文庫)
鳥居の向こうは、知らない世界でした。 癒しの薬園と仙人の師匠 (幻冬舎文庫)

評価:★★★☆☆
2016年11月刊。
「かくりよの宿飯」シリーズの友麻碧先生の新作。11月だけで2作めですね。
こちらは和風(というよりアジア系無国籍風?)な異世界に迷い込んだ女子大生が、仙人に弟子入りして薬師修行に励むというファンタジー。
様々な効能の薬膳料理を作ったり、人のためになる薬品を一生懸命考えたり作ったりするお話でした。
元の世界では複雑な家庭環境で育ち居場所がなかった主人公が、見知らぬ世界で新しい家族と居場所を手に入れるハートフルな物語としても良かったです。
色々と謎があるからシリーズ化するのかな?

☆あらすじ☆
孤独な女子大生・千歳は、二十歳の誕生日に神社の鳥居を越え「千国」という異界に迷い込む。イケメン仙人の薬師・零に拾われ彼の弟子として働くが、「この安本丹!」と叱られる毎日。しかし、客を癒す薬膳料理を作るうちに、ここが自分の居場所に…。そんな中、夢で自分を探す家族の姿を見てしまう。ほっこり師弟コンビの異世界幻想譚、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鳥居の向こうは、知らない世界でした。 癒しの薬園と仙人の師匠/友麻碧