異世界迷宮の最深部を目指そう 8/割内タリサ

異世界迷宮の最深部を目指そう 8 (オーバーラップ文庫)
異世界迷宮の最深部を目指そう 8 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2016年11月刊。
面白かったー!!
ついにパリンクロンとの戦いに決着がつく第9巻。
1巻冒頭からの様々な謎が明らかになる重要な1冊でした。
二転三転する「真実」にハラハラし、熱いバトルにドキドキし、そして最後の展開が予想外すぎて呆然。
あまりの熱量に完結かと思いきや、物語はまだ続く様子。
今後の展開もとても楽しみです!

☆あらすじ☆
――それは千年前の契約。使徒の力を受け継ぐという使命。『英雄』と『化け物』たちの戦いを続ける遊び。『境界戦争』の中で誰もが『運命』や『生まれ』に振り回され、契約を果たすパリンクロンの計画をもはや誰も止められない。戦場でついにパリンクロンを捉えたカナミは、千年前の再来を止めるべく仇敵に戦いを挑んでいく。『世界奉還陣』の発動する戦場が紫水晶(アメジスト)の魔力に満たされ、再び始まる第二十の試練――。
「――『ああ、我こそが死罪人』『闇の理を盗むもの』――」
心に宿す運命(かのじょ)に『誓約』を果たしたその時――少年は『最深部(しんじつ)』を暴く者となる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界迷宮の最深部を目指そう 8/割内タリサ