木もれ日を縫う/谷瑞恵

木もれ日を縫う
木もれ日を縫う

評価:★★★★☆
2016年11月刊。
疎遠な関係の三姉妹のもとに突然現れたのは、行方不明だったはずの母親。嫌っていた母の存在をきっかけに、少しずつ三姉妹の心に変化が生まれていく。
本当の自分とは何か、大事にすべきものは何か、価値あるものは何か。
答えに迷う三姉妹を「山姥」の母が優しく導いていく物語です。
温かくて優しくて、そして少し切ない家族の姿がそこにはありました。
母によって結び直されていく三姉妹の絆を、作中で重要な意味を持つパッチワークに例えていく語り口はとても柔らか。
その一方で、彼女たちが母に覚える違和感には理由があり、その秘密に迫っていくミステリーでもあるのです。
謎が明かされる終盤は目頭がぐっと熱くなり、自分の両親に優しくしたいと思わずにいられませんでした。

☆あらすじ☆
ファッション業界で働く小峰紬(こみね・つむぎ)の前に、行方不明だった母親の文子が姿を現した。自身を「山姥になった」と言い、面影にもどこか違和感がある母に困惑する紬。母を山奥から東京に連れてきた古書店主の柳川から話を聞きつつ、年の離れた姉の麻弥と絹代に相談する。恋愛と仕事に迷いを感じている二十代半ばの紬、女である自分に悲しみを抱えている三十代の麻弥、夫との間にすれ違いが生じ始めている四十代の絹代。それぞれに悩みをいだく三姉妹は、疎遠になっていた母親と再会し、少しずつ距離が縮まる中で、自分たちの幸せの形に気づいてゆく。そんなとき、母をある事件が襲い――。
三姉妹は母との絆を結び直せるのか。心に染みるミステリー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 木もれ日を縫う/谷瑞恵