有松恋染めノスタルジー/藍生有

有松恋染めノスタルジー (富士見L文庫)
有松恋染めノスタルジー (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年11月刊。
ノスタルジックな絞り染めの街・有松を舞台にした、染め物と淡い恋のお話。
何か大きな事件が起こるわけでも日常に謎があるわけでもないけれど、穏やかで優しい雰囲気に心が温まる作品でした。
ちょっと人生迷子中な女性が、口数が少なくて猫みたいな職人さんに惹かれていく心の揺れ動きが繊細に描かれていて、そこがとても素敵。
有松という街にも興味がでてきたし、ぜひシリーズ化してほしいです。

☆あらすじ☆
絞り染めの産地・有松。会社が倒産し祖母の喫茶店を手伝うことになった雪奈は、常連客の絞り染め職人・沢口と知り合う。古き良き伝統が残る街を舞台にぶっきらぼうな絞り染め職人と紡ぐ淡い気持ちの行方は――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 有松恋染めノスタルジー/藍生有