ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット/渡瀬草一郎

ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット (電撃文庫)
ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット (電撃文庫)

評価:★★★★☆
2016年11月刊。
和風ホラーファンタジー+VRMMO+探偵さん、というSAOスピンオフ作品。
SAO本編はまだ7巻までしか読んでないけれど、マザーズ・ロザリオ絡みのエピソードということで読んでみました。7巻まで読んでれば問題ない内容かな。ただ、7巻で泣いた私にはハンカチ必須なお話でもありましたが・・・・・・。
SAO事件の爪痕を外からみせるところがまさに外伝的である一方、この作品単体でも完成していて面白かったです。

☆あらすじ☆
《アスカ・エンパイア》。SAО事件の最中に運営を開始した、古参の和風VRMMOである。ユウキとラン達のギルド《スリーピング・ナイツ》結成のきっかけとなったこのゲームにも、秘められたエピソードがあった――
戦巫女のナユタと忍者のコヨミ。《アスカ・エンパイア》で出会い仲良くなった二人の少女は、ゲーム内で不思議な法師ヤナギと出会う。その老僧侶は、とあるクエストの《謎解き》を《探偵》に依頼したいという。しかもその報酬は一〇〇万円。法外すぎる値段に驚く少女二人だが、その奇妙な依頼を受ける《探偵》も負けず劣らず奇妙な青年だった。ステータスボーナスは《運》に《全振り》――つまりバトルは最弱、しかしレアアイテムドロップ率最強のトリッキーなプレイヤーで……。
最先端VRMMOの世界で、少女二人を引き連れた《胡散臭い探偵》による《謎解き》が始まる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット/渡瀬草一郎