詐騎士外伝 薬草魔女のレシピ 全3巻/かいとーこ

詐騎士外伝―薬草魔女のレシピ〈1〉 (レジーナ文庫)
詐騎士外伝―薬草魔女のレシピ〈1〉 (レジーナ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

総評:★★★★☆
1巻:単行本2014年10月刊。文庫版2016年7月刊。
2巻:単行本2015年7月刊。文庫版2016年9月刊。
3巻:単行本2016年2月刊。

「詐騎士」本編から6年後の世界を、薬草魔女を新主人公として描く外伝シリーズ。
本編の続編として楽しめるのはもちろんのこと、外伝単体でも十分に面白い作品だと思います。
個人的には外伝の方が読みやすいし、全3巻の構成が綺麗に整っているので、これだけでもオススメしたいところ。
「いかに美味しく健康に食事を楽しむか」という主人公のモットーのもと、ハーブの豆知識やそれを使った料理がたくさん出てくるのでハーブへの興味がむくむくとわいてきてしまいます。
プロ意識の高い薬草魔女が人々に優しくアドバイスしていくお仕事小説としても面白かったし、失恋少女と腹ペコ青年の初々しくてほのぼのするラブコメとしても楽しい作品でした。

☆あらすじ☆
美味しくなければ意味がない。美味しくても身体に悪ければ意味がない――。そんな理念のもと、美味しい料理で美容と健康を叶える“薬草魔女”。人々から尊敬され、伴侶としても理想的……のはずが、まだ新米のエルファは婚約者に浮気され、ヤケ酒ヤケ食いの真っ最中。そんな時、遠い国ランネルに出来る高級レストランの料理人としてスカウトされた! 心機一転、異国の地で働き始めたけれど、何故か会う人会う人、一癖ある人ばかりで……!? 「詐騎士」本編の六年後、当時のキャラも続々登場! 読めばお腹が空いてくる絶品ファンタジー!

以下、全3巻のネタバレあり感想です。

続きを読む 詐騎士外伝 薬草魔女のレシピ 全3巻/かいとーこ

詐騎士2〜8/かいとーこ

詐騎士〈2〉 (レジーナ文庫)
詐騎士〈2〉 (レジーナ文庫)

1巻の感想はこちらから


総評:★★★★☆
腹黒男装騎士の冒険を描いたファンタジー全8巻。
潜入任務に挑んだり陰謀劇に巻き込まれたり聖女さまをナイトよろしくお守りしたりと、主人公が八面六臂な大活躍をみせてくれる爽快な冒険活劇でした。
糖度こそないけれど、ラブコメ的な何かを楽しめるサディスト王子様との不思議な関係も面白かったです。
ラストがやや中途半端に感じられたのだけが惜しかったものの、規格外なルゼの無双っぷりに最後までワクワクするシリーズでした。

☆あらすじ☆
訳あって、性別も年齢も身分も、余命すらも詐称して騎士となった少女ルゼ。何の因果かランネル王国の第四王子ギルネストに見込まれ、友人ゼクセンとともにとある不正が行われているという都市へ潜入捜査をする羽目に。それでも得意の傀儡術で、時に敵地を探り、時に魔物を豪快に蹴散らし大活躍!…したはいいものの、突然、実は女であるという正体バレの危機!?大人気の新感覚ファンタジー、待望の第2巻!

以下、2巻から8巻のネタバレあり感想です。

続きを読む 詐騎士2〜8/かいとーこ