ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン11/宇野朴人

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンXI (電撃文庫)
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンXI (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年11月刊。
天才という名の劇薬を投下する第11巻。
ほぼ内政回だけど、これまでの人間関係をいったん整理する話でもある感じ?
最後の展開にめちゃくちゃワクワクしたので次巻がとても楽しみです。

☆あらすじ☆
イクタ・ソロークの推挙によって、三等文官として国政に携わることになる少女ヴァッキェ。アナライ博士の弟子で、イクタの妹弟子でもある彼女は、たしかに尋常な人材ではなかった。国政の場では、誰もが畏れる女帝が相手であっても理路整然と反論を声高に唱えて周囲を凍りつかせ、日常生活では、シャミーユの食事の場に乗り込んでいって「一緒に楽しく食べよう!」と女帝の顔をひきつらせる…。その無邪気さと人懐っこさと狂気を発揮する彼女によって、硬直した帝国や女帝シャミーユは、どのように変わっていくのだろうか―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン11/宇野朴人