無欲の聖女 2/中村颯希

無欲の聖女 2 (ヒーロー文庫)
無欲の聖女 2 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年10月刊。
守銭奴の少年と侯爵令嬢の、男女入れ替わりTSシリーズ第2弾。
周囲の勘違いがさらに加速していきます。これって元に戻っても戻れなくても大変なことになるのでは・・・!

☆あらすじ☆
侯爵令嬢レーナと身体が入れ替わってしまった守銭奴で孤児のレオ。 レオノーラという新たな名前を付けられ、 レーナの代わりに学院生活を送ることになった。 本人は金にがめつい行動を取っているだけなのだが、その突き抜けた強欲さと、 たどたどしい話し方が功を奏し(?)、無欲で高潔な少女と 思い込まれる日々が続いていた。 一方、孤児院暮らしを続けるレーナは、人情味ばかりが持てはやされ、 自分の知識が通用しないことに苛立ちを募らせ、やがて感情を爆発させてしまう。 ところが、偶然、母親に聞かれてしまい、レーナは母親と自分の過去とに 向き合うことになるのだが――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 無欲の聖女 2/中村颯希