後宮陶華伝 首斬り台の花嫁は謎秘めし器を愛す/はるおかりの

後宮陶華伝 首斬り台の花嫁は謎秘めし器を愛す (コバルト文庫)
後宮陶華伝 首斬り台の花嫁は謎秘めし器を愛す (コバルト文庫)

前作の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年11月刊。
主人公カップルの甘々で可愛い恋愛と、その裏で蠢く後宮のドロ沼愛憎劇を同時に楽しめる(?)連作シリーズ第4弾。
今回は前作「後宮錦華伝」の18年後の物語で、あの哀しい出自の公主が主人公です。
相変わらず面白いのは間違いないのですが、今回はちょっと恋愛パートが好みから外れてたかなぁ。

☆あらすじ☆
凱帝国の三人いる公主のうち、今まで一度も縁談が来たことのない長女・鳳姫を見初めたのは、野蛮な国と名高い鬼淵国の若き王・神狼。周囲が同情を寄せるなか、鳳姫は父王の命令ならば従います、と覚悟を決めていた。というのも、鳳姫は母妃の不実によって生を受けたにもかかわらず、父王の慈悲により真公主として育てられた負い目があったから…。そんな鳳姫が見つけた、真実の愛とは!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮陶華伝 首斬り台の花嫁は謎秘めし器を愛す/はるおかりの